融資借入審査をするのに収入証明が無い!どの会社なら通るの?


困る

キャッシングの借入審査で、収入証明書が必要なケース・まとめ

まず、希望借入額が下のような場合、必要になります。

消費者金融 50万円以上
銀行カードローン 100万円~300万円以上(銀行によって違う)

次に、下のような職業だと、消費者金融でも銀行でも必要です。

  • 自営業
  • 個人事業主
  • フリーランス
  • 法人経営者(会社経営者)

他の場合は、収入証明書は必要ありません。なしでOKです。
ただ、総合的に見て「信用度が低い」と判断されたら「念のために確認する」ということもあります。

収入証明書とは、どういう書類?

キャッシングの審査で、収入証明書として認められるのは、下のような書類です。

  • 源泉徴収票
  • 給与明細
  • 確定申告書
  • 納税証明書

上2つは「サラリーマン」、下2つは「自営業」の方の書類…と考えていいでしょう。
(サラリーマンで確定申告している方ももちろんいますが)

銀行カードローンは、希望金額いくらから、収入証明書が必要になる?

銀行カードローン別に一覧にすると、下の通りです。

新生銀行カードローン レイク 50万円超
みずほ銀行カードローン 200万円
三井住友銀行カードローン 200万円
オリックス銀行カードローン 300万円
楽天銀行スーパーローン 300万円
イオン銀行 カードローンBIG 300万円
ジャパンネット銀行 ネットキャッシング 300万円

希望融資額がこれらの基準を超えると、収入証明書が必要になります。
人によっては、これらの金額より小さくても、必要です。

収入証明書が必要になるくらい借りることは、まずない

一応上のように一覧にしたものの、はっきり言って、ここまで借りる人はいません。

せいぜい「三菱東京UFJ銀行」と「新生銀行カードローン レイク」の「100万円」くらいでしょう。
みずほ銀行の「200万円」より上は、借りる人はそうそういないはずです。

キャッシングの世界には「総量規制」というルールがあります。
これは「年収の3分の1までしか借りられない」というもの。

つまり、200万円借りるには「年収600万円」、300万円借りるには「年収900万円」が必要なのです。
200万円ならともかく、300万円借りる人などまずいない、というのがわかりますね。

銀行系カードローンはこの総量規制のルールからは外れています。
なので「年収の半分まで」借りることも可能ですが、実際には3分の1で終わることが多いです。

なので、銀行カードローンでも「収入証明書が必要なことなど、ほとんど無い」ということ。
あるとしたら「自営業」という条件くらいです。

消費者金融では「50万円以下」なら、収入証明書不要だが…

消費者金融の方は一律で「50万円以下」です。
この範囲内だったら、収入証明書なしでOK。

少なくともアコム・プロミスなどの大手はみんなそうです。
50万円以上借りる人はめったにいないはずなので、消費者金融も「基本、収入証明書なしでOK」と考えていいでしょう。

ただ、例外もあります。
自営業の方のように「何らかの不安要素」がある方です。

キャッシングの審査というのは「総合的」なもの。
何か不安要素があれば「信用できる人物か確かめるため」に、いろいろ確認します。

その一環として「収入証明書の提出を求める」ということもあるわけです。
具体的には「過去に返済トラブルを起こした」「同時に多数のカードローンに申し込んでいる」…などです。

つまり「普通の人は大丈夫」ということですね。
普通の人でも要求されるとしたら「会社の規模が小さすぎて、信用できない」とか「勤続年数が1年未満なので、とりあえず先月の給与明細を出してくれ」とか、そういうケースでしょうか。

カードローンの審査に絶対的なルールはないのですが、このようなケースでは、必要になることもあります。

以上「キャッシングの審査で収入証明書は必要か」というテーマについてまとめました。
要は「収入証明書はいらない」ということなので、ない方も安心してください。

おススメカードローン

楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローン

  • 最短即日融資
  • 土日振込可能
  • アルバイト※
  • 電話確認なし
  • 主婦
  • 無利息期間
※安定した収入のある方。
お申し込み窓口はこちら
審査時間 最短で即日
職場連絡 あり(少額の場合無しの場合あり)
専業主婦 OK
土日の振込 楽天銀行の口座なら24時間対応
お申し込み窓口はこちら

PAGE TOP