借入まとめ情報

おまとめローンの審査は厳しい?その難易度と合格のカギを大調査


3万円

おまとめローンの審査の内容や基準

審査の内容や基準

おまとめローンの審査の内容や基準は申し込みの内容などからカードローンとほとんど同じと考えられます。

  1. 消費者金融
  2. 消費者金融の場合、「おまとめローン」として商品化されていますが、申込時の申告内容はカードローンとほとんど同じです。多少異なる点は既存の借入先に関する情報をより詳細に申告するように要求されることでしょう。

    その点ではおまとめはカードローンよりも借入状態に対する審査がより慎重に行われているかもしれませんね。

  3. 銀行カードローン
  4. 銀行のおまとめはカードローンを利用して行うものなので、申込者が申告する情報や提出する必要書類などもカードローンと同じになります。つまり、銀行のおまとめの場合、審査される内容はカードローンと同じということですね。

審査の評価項目

おまとめの評価項目はカードローンと基本的に同じで、個人の基本情報、仕事情報、家族情報、住居情報、債務情報などになります。

  • 基本情報
  • 氏名、性別、生年月日、年齢、婚姻、住所、電話番号、年収、など

  • 仕事情報
  • 職業、雇用形態、勤務先、勤続年数、勤務先の住所、電話番号、従業員数、など

  • 家庭情報
  • 子供や扶養家族などの人数

  • 住居情報
  • 持家や借家などの住居形態、借家の場合は家賃、など

  • 債務情報
  • 貸金業者からの借入額や借入件数、貸金業者以外の住宅ローンやカーローンなどの借入額

以上の評価項目の中でも年齢、年収、職業、勤務先、勤続年数と他社での借入状況が重要ですが、特におまとめの場合借入状況が合否に直結する可能性が高いとみられています。

また、申込者の申告情報とは別にローン事業者が信用情報機関から入手する申込者の信用情報も合否に大きく影響します。特に長期滞納などの信用事故の実績の有無が厳しく査定されるでしょう。

審査難易度

おまとめはカードローンよりも難しいか

おまとめローンがカードローンよりも審査が厳しいとよく言われますが、審査に落ちる確率からいえば難しいかもしれません。しかし、それは審査が難しいというよりも受ける側に問題があるため結果的に合格率が悪くなっている可能性があるのです。

おまとめローンを利用する多くの方は多数の借入先から多額の借金を抱えているので、審査での評価はよいはずがないのです。そのためおまとめローンの審査判定が厳しいという印象が消費者に植え付けられているようですね。

つまり、おまとめでもカードローンでも借入状況や信用状況が悪ければ合格することは難しいということで、審査の難易度が両者で大きく異なるということはないでしょう。

どのおまとめローンが難しいか

ではどのおまとめローンの審査が甘くて、どこが厳しいかという点が気になりますが、明確な答えはありません。ただし、おまとめがカードローンの審査内容や判定基準とあまり違いがないならその審査難易度はカードローンの基準で考えればよいでしょう。

カードローンの審査難易度は、一般的に銀行などの金融機関→信販会社→消費者金融という順番で審査が厳しいといわれています。もちろんすべての事業者に当てはまるわけではないですが、大きくみればそのような傾向があるということです。

また、おまとめローンでも保証会社が主要な審査を担当するケースがほとんどなので、そのローンの難易度は保証会社のそれに近いと考えられます。つまり、おまとめも担当する保証会社から審査難易度をある程度は把握できるわけです。

保証会社には消費者金融系、信販会社系、金融機関系などがありますが、難易度の高さは金融機関系→信販会社系→消費者金融系の順に高いとみられています。

以上の傾向はあくまで全般的なものなので個々のローンに当てはまらないかもしれませんが、多少の参考にはなるのではないでしょうか。

審査に落ちる理由と合格するカギ

審査に合格するには、落ちる理由を確認してそれを改善することが必要です。ここでは落ちる理由挙げて改善の方法を紹介しましょう。

借り入れ状況が悪い

返済能力以前に借入件数や借入額が多すぎるとそれだけで審査に落とされることもあります。カードローンの場合、借入先が3~4件以上ある方はそれだけで不合格にされるローンもあるといわれているので、おまとめでもそれ以上もあると査定は厳しくなっていくでしょう。

そのためおまとめを利用する前に少額の借り入れなどをできるだけ完済させ、借入件数を削減しておまとめに申し込むのが良いです。また、完済した実績がおまとめでの評価でプラスになるかもしれません。

借入額については年収などとのバランスがあるので、いくらあると不合格になるとはいえませんが、おまとめに申し込む前にできるだけ削減したいですね。家族などから少額でも無利息のお金を借りて返済しておくとよいでしょう。

信用状況が悪い

多額の借金をしている方に信用事故や返済遅延の傾向が記録に残っていると、審査に通ることは難しいでしょう。

カードローンの場合でも信用事故の記録があれば銀行や大手消費者金融などでは不合格になる確率が高いといわれていますが、多額の借り入れが必要となるおまとめの場合はより一層が合格は困難になるのです。

根本的な対策はありませんが、事故の記録が削除されるまで申し込みを待つ、自己の債務が残っている場合は一刻も早く完済する、収入や仕事の状況が好転している場合は事業者にアピールする、などが考えられます。

また、長期滞納や債務整理などの信用事故でなくても返済遅延の傾向がたびたび見られる方はおまとめの審査では厳しい評価を受ける可能性があります。既存のローンへの返済だけでなくクレジットカードの支払いなどでも遅れが出ないように確実な返済に努めましょう。

返済能力が低い

借入額に対して返済能力が低いと審査に落とされます。その返済能力の主要な要素は年収ですが、職業、勤務先、雇用形態や勤続年数も評価に影響するので、収入とともにこれらも改善したいですね。

年収を急にアップさせることは困難ですが、おまとめを利用する前に転職して大企業や役所に勤めたり、公務員、医者や弁護士などなったりすれば年収が大幅に増えるかもしれません。

また、パートやアルバイトなどから正社員になれば年収がかなり増え、収入がより安定するのでよい評価を得られる可能性があります。多額の借金を返済するためにも転職や正社員への登用は有効な手段といえるでしょう。

しかし、勤務して半年や1年以内の場合には勤続期間が短いと判断されマイナスの評価を受けることもあるので安易な転職は避けたほうがよいかもしれませんね。

以上のようにおまとめローンの審査は優しいとはいえません。しかし、審査が厳しいというよりも申込者の状況がよくないため結果的に審査に合格しにくくなっているのです。合格の可能性を高めるにはできるだけ難易度の高いローンを避け、借入状況、信用状況と返済能力を少しでも改善しておまとめローンに申し込みたいですね。