年金だけでもOK?高齢者が銀行カードローンで借りられる方法を徹底分析


増額

高齢者に優しい銀行を見つける

銀行カードローンにはいろんなタイプのものがあり、高齢者に優しいローンもあります。その優しいローンを見分ける点として、

  1. 年金収入のみでも利用可能か
  2. 年齢制限の上限がより高いか

などが重要になります。

年金だけ利用可能なローンは優しいかも

銀行カードローンの利用条件には、「継続的な安定した収入があること」が要件になっていますが、年金収入がこれに該当するローンは高齢者に優しく審査も甘めかもしれません。

一方、ローンによっては年金だけの高齢者を対象外にするケースも見られます。この場合収入が年金のみの方はもちろん利用できませんが、その他に収入のある高齢者の審査も厳しい可能性があります。

そのため審査が心配な高齢者の方は、「年金収入のみでもOK」のローンを選ぶとよいですね。その年金だけでも利用可能と明示しているローンとしては、

  • 新生銀行 レイク
  • 琉球銀行 しあわせのカードローン
  • 常陽銀行 キャッシュピット

などがあります。ただし、明示していないだけで利用できるローンも少なくないので希望の銀行には確認するようにしてください。

年齢制限の上限がより高いローンが優しいかも

ローンでは年齢制限が設けられていますが、上限年齢が高いローンほど高齢者に優しく審査は甘めかもしれません。

上限年齢を3つほどに分けると、60歳未満、66歳未満、70歳未満、といった年齢になります。60歳未満のローンの場合、高齢者とは言えないような年齢で定年退職まで仕事に就いている方を対象としたローンといえます。

現在、定年退職の年齢が65歳へと向かっているところですが、66歳未満と70歳未満のローンの場合、定年退職した方も含まれ収入が年金だけの方や退職前より収入がかなり減少した方などが対象となるでしょう。

つまり、銀行にとって、66未満と70歳未満の方は60歳未満の方より収入の点でリスクが高いので、上記のように年齢制限していると考えられるのです。

言い換えると、上限年齢を低く設定しているローンほど高齢者に対する審査が厳しいと考えられるわけです。したがって、狙うべきは70歳未満などのより高年齢を設定したローンということになりますね。

より高年齢で利用できる銀行としては、

  • 三井住友銀行:満20歳以上満69歳以下
  • セブン銀行:満20歳以上満70歳未満
  • スルガ銀行:20歳以上70歳以下
  • 北陸銀行:満 20歳以上満69歳以下
  • *申込時の年齢

などがあります。

収入面の状況を改善する

高齢者が審査に合格しやすくなるためには「継続的な安定した収入」の確保やアップが有効です。カードローンのためというよりはゆとりのある老後のためにも検討してはどうでしょうか。

継続的な短時間労働でも審査には有効

長年勤務していた企業から退職した後、終日勤務できる新たな仕事を自分で見つけるのは簡単ではありませんが、比較的探しやすいパートやアルバイトなどの仕事に就くとよいでしょう。

退職金や貯金などで年金が支給されるまでの生活費が確保できていたとしても、無職で無収入の方は収入のある配偶者を有する専業主婦を除きカードローンからお金を借りることはほぼ不可能です。

しかし、1日5時間、週4日といった仕事で収入もあまり多くなくても、一定の仕事に就いて収入があればローンの利用が可能になってくるのです。加えて年金が支給されてからも何らかの仕事をして少しでも収入があるとよりローンの審査に通りやすくなるでしょう。

自宅でできる在宅ワークでもOK!

近所に適当はパートやアルバイト先がない場合は在宅ワークなどに従事して収入を得るのも悪くないでしょう。

月数万円以上の収入で継続的に稼ぐことができるならその収入額に応じた限度額でお金を貸してくれるローンもあるので、パートなどの短時間労働にこだわることなく検討してみてはどうでしょうか。

最近ではパソコンを利用した仕事をインターネット経由で受注できるケースも多いので自分がやりやすいものから挑戦できるとよいですね。

借家や駐車場などからの賃貸料でもOK!

退職金などのまとまったお金を不動産投資に利用しようと考えている方の場合、その投資不動産から得られる賃貸料などが立派な安定した収入になります。

ローンによっては給与所得者だけを対象とするケースもありますが、多くのローンでは収入の内容に制限を付けることは少ないので賃貸料などの収入は有効です。

収入面以外の状況をよくする

収入以外の面では債務状況や家庭環境などを改善するとローン審査に通りやすくなることもあります。

借入件数、借入額、キャッシング枠の削減で評価を高める

他社ローンからの借入額や借入件数、契約したローンやクレジットカードの融資限度額(キャッシング枠)を削減すると、ローン審査では評価が良くなり合格しやすくなります。

他社ローンからの借入額が多い方は審査での評価が厳しくなりますが、借りている金額があまり多くなくても借入件数が多いとやはり評価は下がります。

また、ローンやクレジットカードの融資限度額の未利用残高が大きい場合にも評価は悪くなるのです。未利用の限度額は借金ではないですが、近い将来借金になる可能性の高いものとして認識されるからです。

借入額、借入件数、キャッシング枠の金額が大きいほど銀行にとってはリスクとなるので、できるだけ削減しておきたいですね。

子供と同居していると評価はアップするかも

子供と同居しているとローン審査での評価が上がるケースもあります。退職金をもとに子供との二世帯住宅を立てて同居するというのは有効でしょう。

契約者が単身ではなく家族と同居している場合、本人の身元、生活の安定、返済能力の向上、などの点から審査での評価が良くなるローンもあります。

カードローンの申し込みのために子供と同居するというのはおかしな話かもしれませんが、もし同居をお考えの時にローンに申し込むのなら、同居後に申し込む方がよいでしょう。

ただし、子供を扶養するような同居の場合には逆に評価が下がることもあるので注意してくださいね。

以上のように高齢者が利用できる銀行カードローンは多いですが、中には高齢者に厳しいローンもあります。高齢者が審査を突破していくには、高齢者に優しいローンを見つける、安定した収入を得る、収入以外の債務状況や家族状況をよくする、などの手段をとるのが有効です。老後での質の高い生活を送るためにも検討してはいかがでしょう。