電話確認がないカードローンの特徴とは?同僚にバレないコツを解説!

tel2

カードローン審査時の電話確認の連絡がある場合とない場合の違い

電話確認の目的とその電話のかけ方や内容

カードローンの審査では申込者の返済能力が査定されますが、その査定項目の中に年収、勤務先、職業などが含まれます。電話確認は返済の源泉となる収入を稼ぐ勤務先とそこで申込者が本当に働いているかを確認するために行われます。

電話確認の方法は一般的にはローン側の担当者が申込者の勤務先に電話をして確かめるというやり方になります。ただし、その方法は非常に短時間で簡素に実施されるケースが多いので、電話によってローンの利用がばれるケースはほとんどないでしょう。

例えば、「私は○○と申しますが、△△さんはいらっしゃるでしょうか。」などとカードローン側の担当者が個人名で電話をかけるのが一般的です。また、申込者が不在の場合でも、「△△はあいにく外出しております」という同僚の返答で在籍していると判断し電話をかけ直すことはほとんどありません。

在籍確認の電話を心配される方が多いですが、多くのローンでは以上のようなプライバシーに配慮した簡素な電話連絡を心がけているのであまり不安になる必要はないでしょう。それでも心配な方はローンに連絡して電話連絡のやり方を確認しておくとよいですね。

電話連絡なしの場合の在籍確認の方法や内容

カードローンの中には少数ですが、在籍確認の電話連絡をしないローンがあります。その在籍確認の内容は電話の代わりに勤務先で働いていることを証明する資料で確認するというものです。

例えば、社員証、給料明細書や健康保険証などのコピーの提出が多いですね。一部の銀行カードローンでは口座を開設していると電話や書類の提出が不要なケースもみられます。

消費者金融のカードローン審査で電話確認がない場合

ここでは、消費者金融のSMBCモビットアコムプロミスなどの例を挙げて電話連絡のない在籍確認の内容を確認しましょう。

SMBCモビットの場合

SMBCモビットの申込方法には「カード申込」と「WEB完結申込」の2種類がありますが、電話連絡なしの在籍確認が可能なのはWEB完結申込です。WEB完結申込の在籍確認は健康保険証と給料明細書の2つの資料(コピー)の提出により行われます。

健康保険証

全国保険協会発行の保険証或いは組合保険証のどちらか

給料明細書

直近1か月分の明細書の提出が必要です。

これらの提出で在籍確認となるのでSMBCモビットから申込者の勤務先に電話をかけられることなく契約へと進むことができます。契約後の借り入れは銀行振込で自分の口座に入金して使用する形態なのでローンカードの発行はありません。

ATMから現金を引き出したい場合は銀行のキャッシュカードを利用することになるので勘違いしないようにしましょう。

また、WEB完結申込で契約するには三井住友銀行或いは三菱UFJ銀行のどちらかに普通預金口座を保有し、SMBCモビットからの振込貸付と口座振替による返済をその口座を通じて行うことが条件となります。

アコムやプロミスなどの場合

消費者金融で電話連絡なしの在籍確認を公表しているところはほとんど見られませんが、利用者の口コミなどの情報ではアコムプロミスなどでも電話連絡以外の方法が確認されています。

在籍確認の手段としては、社員証、健康保険証や給料明細書などの提出により行われることになりますが、電話以外の方法をとるにはそれを要望することを伝えなくてはなりません。

その伝達の仕方としては、申込時に申込者から電話するか、申込後のローン側からかけられる本人確認のための電話連絡で話すかのどちらかになるでしょう。

また、申込書(欄)への記入(入力)の際には要望事項として「勤務先への電話は困る」、「会社に電話しないでほしい」などと記入しておくとよいですね。

銀行カードローンの電話確認の電話のない場合

在籍確認の電話連絡をしないことを公表している銀行カードローンはほとんど見当たりませんが、セブン銀行がその数少ない例の一つになります。

何故在籍確認の電話連絡のない銀行カードローンが少ないのか

理由は不明ですが、銀行から申込者の勤務先に電話しても影響が少ないと考えているかもしれません。

消費者が銀行とかかわりを持つのは預金、公共料金の支払い、カーローンや住宅ローンなどが中心なので、銀行から勤務先に電話がかかってきても職場の同僚はその要件がカードローンの申し込みだとは想像しにくいでしょう。申込者のほうもその点を誤魔化しやすいですね。

消費者金融の電話連絡がどうしても心配な方はカードローンのイメージがまだ低い銀行カードローンがおススメでしょう。

また、事前に連絡しておけば銀行名を出さずに個人名でかけてくれる銀行もあります。

セブン銀行の場合

セブン銀行では審査の時に申込者や勤務先へ原則的に電話連絡をしません。

同行のカードローンの特徴は、

  • 審査は最短10分の超ハイスピード(入力も簡単)
  • 申し込みの条件として同行の口座を保有する
  • 収入証明書や本人確認書類の提出が不要でWEB完結の手続が可能
  • 利用限度額が10万円、30万円、50万円の3タイプから選べる

などになります。つまり、口座を保有する身元のはっきりしている方へ少額の融資を行うローンなので、あらためて電話で自宅や勤務先へ連絡して確認する必要がないのかもしれませんね。

以上のようにカードローンの中には電話確認がないローンもあります。電話確認なしを公表しているところは多くないですが、相談すれば対応してくれる消費者金融も少ないながらあります。銀行カードローンではセブン銀行が対応していますが、仮に電話連絡があっても銀行なら影響は少ないのではないでしょうか。