カードローン審査に落ちないためのチェックの方法とポイントとは


比較

簡易診断によるチェック

カードローン会社の簡易診断を利用すれば返済能力についての合否が予想できます。

ローン会社の簡易診断

大手のローン会社のホームページには、4項目ほどの質問に答えるだけでそのローンに合格できる否かの判定を出してくれる簡易診断が用意されています。それを利用して合格判定がでれば本審査での合格の可能性があるというわけです。

各ローン会社の簡易診断は{個別の名前が付けられ質問項目も若干異なっています。例えば、大手ローン会社では次のようになっていますね。

  • アコム:「3秒診断」  入力項目;年齢、性別、独身・既婚、借入件数、借入額
  • プロミス及びモビット:「お借入診断」  入力項目;生年月日、年収、借入額
  • アイフル:「一秒診断」  入力項目;年齢、雇用形態、年収、借入額

以上のように4項目ほどを入力すれば、1秒どころから瞬時に「ご融資が可能」というような判定が表示されるのでとても便利です。

簡易診断の上手な利用法

ここでは簡易診断を使ってより精度の高い合否の予想ができるような上手な利用方法を紹介します。

  1. 複数のローン会社の簡易診断でチェック
  2. 1つのローン会社の簡易診断だけを利用するよりも複数を利用したほうがより正確な合否の予想ができます。

    例えば、アコムの3秒診断だけでなくプロミスやアイフルなどの診断も受けたほうが、自分の返済能力の状況をつかみやすいですね。

    仮に4社とも診断を受けてすべて合格判定なら返済能力に大きな問題はなくどのローンに申し込んでも合格できそうです。

    しかし、アコムだけ合格判定で、残り3社が不合格判定の場合、返済能力に何らかの問題があり、信用情報も加わるとアコムの本審査でも不合格になるかもしれません。

    また、その結果から4社の中でアコムの審査が最も甘いと予想でき、ローン選定の際の参考になるでしょう。

    このように複数の簡易診断を利用すると自分の状況やローンの相対的な審査難易度もある程度掴めるのでやってみる価値はあるでしょう。

  3. 簡易診断以外の情報も踏まえて自己判定する
  4. 簡易診断は返済能力の点から審査の合否を予想するものです。しかし、本審査では信用力の評価も加わるので、簡易診断とは異なる結果が出ることも少なくありません。そのため信用力の自己判定も事前にしておきたいですね。

    信用力については次のところで説明しましょう。

信用情報による信用力のチェック

カードローンでの借金やクレジットカードによる商品購入などの取引は信用取引と呼ばれ、その取引情報は信用情報機関に集められます。その集められた個人の情報が信用情報ですが、その内容をチェックすれば合否の予想が出せるのです。

なお、個人でも信用情報を入手できます。

チェックすべき信用情報の内容とチェック仕方

信用情報でチェックしたい点は、ローン審査の合否に影響が大きい異動情報(重大な信用事故)の有無とその処理結果、返済状況の内容などになるでしょう。

  1. 異動情報
  2. 異動情報とは、61日以上または3か月以上の支払いの遅れ、保証履行(保証会社が利用者に代わって支払う行為)、債務整理などの重大な信用事故情報を指し、これらの情報が記録されていると審査に合格するのは難しいといわれています。

    つまり、信用情報に異動情報があれば予想としては不合格の可能性が高いということになります。なお、記録は5年ほどで削除されますが、心当たりのある方は信用情報を入手して事前にチェックしたほうがいいかもしれませんね。

  3. 返済状況の内容
  4. 返済状況の内容で毎月の支払いが契約通り履行されているかどうなどを確認することができます。つまり、返済遅延の傾向や支払いの確実性などがわかるわけです。

    もし申込者に何か月もの遅延傾向や遅延の繰り返しなどがあるなら、その方の信用度の評価は下がりローンによってはそれだけで不合格にされることもあるのでやはり要チェックですね。

好感度を下げないためのチェックの仕方

申し込みの際に借手としての好感度を下げてしまう行為があります。ここではそれを防ぐためのチェックの仕方を紹介します。

正直に正確に申告できるか

申込時の申告内容が誤っていたり、虚偽であったりする場合にその事実が審査で発覚すると不合格になることもあるので、申告は正直かつ正確に行わねばなりません。

審査で年収を多めにしたり、借入額や借入件数を少なめにしたり、アルバイトなのに正社員として申告されるケースがあります。しかし、そうした虚偽内容は審査で確認され、ばれることが多いのです。

嘘がばれると借手としての信用は一気に低下して内容次第では即不合格になることもあるので、嘘をつくのは絶対に避けたいですね。

また、故意でなくても不確かな記憶をもとに年収や借入額などの数字を申告し、それが事実と大きく異なっていれば虚偽申告と同様の扱いを受けるので注意しましょう。

質問や確認への対応は丁寧にできるか

申込者の態度や言葉遣いが審査に影響することもあるので、できるだけ丁寧な対応を心がけましょう。

電話や窓口などで申し込むと担当者やオペレーターと直接或いはモニター越しに会って話すことになりますが、その際に横柄な態度をとったり乱暴な言葉遣いをしたりしているとその内容が融資担当者に報告され評価に影響することもあるのです。

よほどの悪い行為がない限りそれで審査に落とされる可能性は低いですが、評価が下げられ結果として合否に影響することもあるでしょう。媚びるような態度をとる必要はありませんが、できるだけ丁寧な対応を取り好感度を上げ、逆に評価を上げたいですね。

電話連絡は確実に受けられるか

審査の一環として本人確認が実施されますが、その際の電話に出られないと審査がストップします。そして、その状態が長引けば不合格になることもあるので、申し込んだ後の電話は確実に受けられるようにしましょう。

本人確認の電話は携帯電話を指定しておけばその番号にかけられるので、申し込んだ直後にはマナーモードにせず、また充電が切れないように注意したいですね。

このようにカードローンへ申し込む前に事前にチェックして改善しておけば合格に近づくことも可能になります。ローン審査は難しいと不安を抱いて申し込むのではなく、借入診断のチェック、信用情報のチェック、申込時の対応のチェックなどをして不安を取り除き審査に臨んでみてはどうでしょうか。

人気の【厳選】カードローン

モビット

モビット

  • 最短即日融資
  • 土日振込可能
  • アルバイト※
  • 電話確認なし
  • 主婦
  • 無利息期間
※安定した収入のある方。
お申し込み窓口はこちら
審査時間 10秒簡易審査
職場連絡 なし
主婦 安定した収入がある方
土日の振込 OK(ATMより可能)
お申し込み窓口はこちら

アコム

アコム

  • 最短即日融資
  • 土日振込可能
  • アルバイト※
  • 電話確認なし
  • 主婦
  • 無利息期間
※安定した収入のある方。
審査時間 最短30分
職場連絡 あり(身分証明書や収入証明書の種類によっては不要)
専業主婦 不可
土日の振込 楽天銀行もしくはむじんくんであれば土日OK

アイフル

アイフル

  • 最短即日融資
  • 土日振込可能
  • アルバイト※
  • 電話確認なし
  • 主婦
  • 無利息期間
※安定した収入のある方。
お申し込み窓口はこちら
審査時間 最短30分
職場連絡 あり
専業主婦 不可
土日の振込 不可
お申し込み窓口はこちら

PAGE TOP