キャッシングの審査に通る5つのコツとは

OK

貯金がある場合、今の借り入れを少しでも返済するのがキャッシングの審査に通るコツ

たとえば下のような状況だったとしましょう。

  • クレジットカードのリボ払いで「70万円」借りている
  • 貯金が「20万円」ある

この場合、貯金の20万円を全額引き出して、クレジットカードの返済に回します。
臨時返済(繰り上げ返済)は、カードがあればコンビニ・銀行のATMでできます。
(カードがない場合も、カード会社に電話すれば銀行振り込みで可能)
こうして借入残高を少しでも減らすと、当然審査に通りやすくなります。
「申し込み直前でもできるコツ」の代表です。

また、クレジットカードのリボ払いは、月々の返済金額を少なく設定すると、なかなか元本が減らず、
利息がかさんでしまい、総支払額がかなり膨らんでしまうなどのデメリットがあるので、リボ払いは縮小することは、得もします。

複数のカードローン業者から借りている場合、一つにまとめるのがキャッシング審査に通るコツ

たとえば、あなたが下のように借りていたとします。

A社 20万円
B社 20万円
C社 20万円

これを下のようにすると、審査に通りやすくなります。

A社 60万円
B社 0円
C社 0万円

これをやるためには「B社・C社を一気に完済」するので「40万円」必要です。
貯金があるなら、それを使いましょう。

貯金がない場合「おまとめローン」を使います。
つまり、これをやるために「A社から40万円借りる」のです。

「本当はもう借りられない」という場合でも、こういう理由ならA社はOKしてくれます。
(これは法律でも許可されているものです)

もちろん「おまとめローン」を利用するには審査が必要ですが、A社にとっては美味しい話なので、大抵審査は通ります。
(A社の利益が増えるだけでなく、ライバルの利益を減らせるので)

キャッシングの審査に通るコツは、一人暮らしの場合、家族と同居すること

カードローンの審査では「家族と同居」の方が有利。
理由は下の通りです。

  • 連絡がつきやすい
  • 逃げにくい
  • いざとなったら、家族が立て替えてくれる(強要するわけではない)
  • 実家が持ち家だったら、不動産なので安心できる

…ということです。
実際、一人暮らしだと家賃や食費のせいでほとんど返済できません。
(私も一人暮らしをしながら多重債務者をしていたので、よくわかります)

現実に返済を楽にするという意味でも、家族や親と同居できるなら、同居した方がいいでしょう。

無職の場合、アルバイトを探す(雇われてから、申し込む)のがキャッシングの審査に通るコツ

これは「審査に通るコツ」というより「最低条件」です。
無職では、消費者金融も銀行系カードローンもすべてが融資してくれません。

いきなり正社員や契約社員になる…というのは難しいでしょう。
それでもアルバイトだったら即日探すこともできますし、派遣社員だったら1週間もあれば採用される…ということもあります。

とにかく、無職の方はこういう肩書を手に入れましょう。
(実際、働かないと返済できないのだから、借りるためというより、返済のためにも仕事を探すのは当然です)

専業主婦の場合「夫の同意書なし」でOKの銀行で申し込むのがキャッシング審査に通るコツ

無収入の専業主婦の場合、消費者金融では融資できません。
銀行カードローンで申し込みますが、銀行は本来「配偶者の同意書」が必要です。

しかし、楽天銀行・みずほ銀行・イオン銀行などの5つの銀行は、「配偶者の同意書なし」でも貸してくれるんですね。
これだと夫にバレないで借りることができますし、書類を用意する手間も省けます。

(特に、夫が単身赴任の時など、印鑑をもらうのも難しいでしょう)

特に自分の収入がない専業主婦の方の場合、これは審査に通るコツの、かなり大きなものです。

ちなみに、どの銀行カードローンで申し込む場合も、即日融資の場合は「その銀行の口座」が必要。

以上、過去に多重債務者だった私の経験から「キャッシングの審査に通るコツ」をまとめました。
いずれもある程度の効果はあるので、できる場合はぜひ実行なさってください。

おすすめカードローン

楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローン

  • 最短即日融資
  • 土日振込可能
  • アルバイト※
  • 電話確認なし
  • 主婦
  • 無利息期間
※安定した収入のある方。
お申し込み窓口はこちら
審査時間 最短で当日中
職場連絡 あり(少額の場合無しの場合あり)
専業主婦
土日の振込 楽天銀行の口座なら24時間対応
お申し込み窓口はこちら

PAGE TOP