プロミス

プロミス

  • 最短即日融資
  • 土日振込可能
  • アルバイト※
  • 電話確認なし※2
  • 主婦
  • 無利息期間※3
※安定した収入のある方。
※2電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐにご相談ください
※3メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です
お申し込み窓口はこちら
審査難易度
審査時間 最短30分で審査完了!
職場連絡 なし(web契約の場合)
※電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐにご相談ください
専業主婦 NG(パートなど収入が必要です)
土日の振込 提携ATMで土日祝日振込みOK
実質金利 4.5%~17.8% 限度額 1~500万円
保証人 なし 総量規制 対象
申込資格 満20歳~69歳まで 学生 OK(20歳以上でアルバイト等収入がある方)
お申し込み窓口はこちら

今すぐ借りたい!即日融資ガイド

女性や学生は必見!利用できる即日キャッシングローンを徹底調査


investigate

大手のキャッシングローンで女性や学生が即日融資を受けられるケースとは

大手消費者金融や銀行カードローンで女性や学生がどのように取り扱われ、即日融資がどのようなケースで可能かを説明します。

大手消費者金融

プロミスなどのローンの利用条件は、「年齢が20歳以上69歳以下で安定的な収入があること」となっています。女性や学生でもパートやアルバイトなどで安定した収入があれば申し込むことが可能です。

収入のある主婦も同様ですが、専業主婦は対象外になっています。無収入の専業主婦に対して貸金業者は融資することが法律(総量規制)で規制されているので、専業主婦は原則的に消費者金融から借り入れができません。

また、収入のない学生や20歳未満の学生の方も同様に利用対象者になっていません。

銀行カードローン

銀行の利用条件も大手消費者金融と基本的に同じですが、専業主婦の取り扱いが異なります。総量規制は消費者金融などの貸金業者に適用されますが、金融機関には適用されないのです。

そのため銀行では専業主婦を一定の条件の下で利用対象者とする銀行があり、みずほ銀行などが該当します。しかし、融資限度額が30万円までなどの制限が付けられることが多く、高額融資を期待するのは難しいかもしれません。

学生の方については大手消費者金融と同じとみてよいでしょう。

中小消費者金融

多くの中小消費者金融の利用条件も大手消費者金融や銀行と同様です。しかし、中小の中には総量規制の例外規定を適用して専業主婦に融資するローンや、20歳未満の学生に融資するローンなどもあるのです。

なお、中小の中には専業主婦や未成年の学生にも融資するローンがあり、それらには中小のレディースローン、学生(キャンパス)ローンなどが該当します。

女性にやさしいレディースローン

レディースローンとは

レディースローンとは事業者の女性スタッフが質問や相談への対応、申込手続への対応をする女性専門の窓口を用意したローンといえます。男性と面談しなくない方、電話であっても男性スタッフと話しにくい方などに女性スタッフが優しく応対してくれるというものなのです。

また、ローン事業者のホームページに女性専用の案内ページ、つまりレディースローンの専用ページが設けられていて、そこから申込手続ができるようになっていることが多いですね。

こうしたレディースローンは大手から中小の消費者金融や銀行などでも用意しているところがあります。なお、ローン商品の内容そのものは通常の商品とほとんど変わりなく、即日融資が可能なローンではそのレディースローンでも通常は可能になっているので心配ないでしょう。

レディースローンの専業主婦への対応

収入のない専業主婦の取り扱いですが、大手消費者金融と銀行ではそのレディースローンでも同じで扱いで前者では対象外、後者では対象になっているケースがあり、銀行では徐々に増えてきています。

中小消費者金融のレディースローンでは総量規制の例外として対象者としているローンも少なからず見られます。

例えば、ベルーナノーティスローン(通販のベルーナ系)では、配偶者に収入があり婚姻関係証明書類や配偶者の同意書などの提出を条件に専業主婦でも借り入れが可能になっています。やや厳しい条件ですが、他の事業者でも法律的に必要なので仕方ありませんね。

以上の条件では「夫に借り入れがばれてしまう!」と心配な方は専業主婦に対応する銀行カードローンがお勧めです。銀行では配偶者の同意書などを求められることはほとんどないので、夫にしられずに借り入れすることも十分可能なのです。

学生ローン

学生は20歳以上で収入があれば多くのローンから借り入れが可能ですが、その大半のローンでは20歳未満の学生の方は対象から外されています。しかし、学生専用のローンの中には高卒以上の未成年の学生にも融資するところがあるのです。

一般的な学生ローンの特徴

大学などの学校が多い地域に店舗を構える学生ローンやキャンパスローンといわれる学生や若い社会人用の専門ローンがあります。

学生を主な対象としているため店やホームページの雰囲気が若者向きで、学生が気軽に申し込みやすくなっているのが大きな特徴です。その他の特徴については次の通りです。

  1. 利用条件:年齢は20歳以上で安定した収入があること
  2. 融資限度額:50万円以下が多い
  3. 申込方法や契約方法:店頭窓口が主体だが、電話やインターネット経由の対応も少なくない
  4. 申し込みから融資までの時間が早く即日融資に対応しているローンも多い(即日振込も可)
  5. 本人確認書類は主に学生証で、運転免許証があればなおよい
  6. 両親の承諾が不要なケースが多い
  7. 返済が卒業後になってもOK

20歳未満の学生も利用可能な学生ローン

未成年者は民法で大きく保護されているので、一般の学生ローンを含めた消費者金融や銀行などは利用対象者から未成年者を外しているケースが多いです。しかし、それでも未成年の学生に融資する学生ローンも少ないながら存在しています。そんなローンの特徴としては、

  1. 利用条件:年齢は高校を卒業した18歳以上の安定した収入があること
  2. 学生の種類:大学生、大学院生、短期大学生、専門学校生のほか、予備校生などもOK
  3. 未成年者は保証人や親の承諾が必要になるケースがある

上記以外については一般の学生ローンとほとんど同じで迅速な対応で即日融資も十分可能になっています。

以上のように女性や学生の方が申し込む時や利用する時に敷居が低いと思える貸金事業者が存在し、大手事業者と同様即日融資も受けられるケースがあります。大手では制約があって借りられない、大手には来店しにくい、女性スタッフに相談したいという方などは上記のローンを検討してはどうでしょうか。

PAGE TOP