店舗にいかなくてもすぐ借りることができるカードローンをご紹介

syoukai

店舗に行かなくてもてもすぐ借りれることができる契約方法は?

消費者金融や銀行などのローンですぐ借りる方法は、店舗の窓口、インターネット経由、電話(FAX)と契約機による申込方法があります。この中で、店舗に行かなくても契約できる契約方法はインターネット経由、電話とFAXです。
店舗に行かなくて済む契約方法の内容は下記になっています。

インターネット経由でのカードローン申し込み

現在、多くのカードローン会社では借り手がパソコン、スマートフォンや携帯電話からネットを経由してローン会社のホームページで申込手続ができるようになっています。

申込ページの記入欄に必要な情報を入力していけば手続が進み、同時に審査も並行して行われます。本人確認書類の提出や職場での在籍確認などが速やかに完了できれば、審査は最短30分ほどで済み、銀行振込で当日中に借入を受けられるようになるわけです。店舗に行かずにすぐ借りる手段として、一番ポピュラーな申込方法です。今の時代、スマホで申し込みやすいシステムになっていますので、パソコンが無くても十分借入を行うことができます。

すぐ借りたい場合、つまり即日融資をご希望の場合、ネット経由の申し込みだと審査時間が申込の量や、申し込んだ人の信用の状況によって変わることがあります。すぐ借りたい場合は、なるべく午前中に申込を行ったり、申し込んだ後に電話でローン会社に相談することで審査速度を上げてもらうなど一工夫をする必要があります。
なお、審査時間は申込者の信用状況や当日の審査量などにより時間がかかることもあるので特に急ぐ場合はローン会社に相談しましょう。

電話での申し込み

ローン会社に電話で申し込むこともできます。ネット経由と違ってローン会社のオペレータと会話しながら申し込むので多少時間はかかりますが、質問に答えるだけで手続が進むのでとても簡単ですね。

審査も並行して行われるため早ければその手続の電話の中で結果が出ることもありますが、いったん電話を切ってからあらためて電話やメールで受けることもあるでしょう。
電話をして、そのあとすぐ審査が進められるので、夕方だったり、確実に即日融資を受けたい場合は電話でのお申込みをおすすめします。ネット経由の場合、すぐ借りたい場合申込の処理の進捗がわからないことが多く、当日中に借りれるかハラハラする可能性があります。
また、申し込みの際に、事情などの審査の参考となる情報も口頭で話すことができるので、審査が通過するか不安な方は電話にて追加の情報を話しましょう。

FAXでのお申込み

FAXはローン会社の申込用紙に必要事項を記入して送信し手続きするものです。ネットや店頭などからFAX用の申込用紙を入手する必要がありますが、しっかり申込書を読んで手続きしたい方には向いているかもしれません。
ただ、FAXをお持ちの方はそれほど多くはないかと思いますので、Webか電話でのお申込みが多くなるかと思います。
FAXの審査は他の方法と同様ですが、若干時間がかかることもあります。

店舗に行かなくても借入ができるローンの注意点

店舗に行かずにすぐ借りたい(即日融資を受けたい)場合の、お金の受取方法は、ローン会社から自分の銀行口座にお金を振り込んでもらう口座振込になります。現在、審査が完了して契約手続が済めば銀行振込が可能となるローン会社が増えています。

すぐ借りる場合、ローン会社が対応している振込対応時間に注意

銀行振込での借入の場合、対応している銀行の振込受付時間によって、当日中に借入ができるか、できないか大きく左右されます。審査に通過し、契約が終わったとしても、銀行振込に対応している時間を越してしまった場合、次の営業日になる恐れがあります。例えば金曜に申し込んで、ぎりぎり振込締め切り時間に間に合わなかった場合、月曜に振込ということもあり得ます。すぐ借りたい場合に、振込時間がネックとなります。

一般的には、平日の午前中や14時までの契約手続きの完了がタイムリミットになることローンが多くみられるので、急ぎですぐ借りたい場合は一刻も早く申し込みたいですね。

また、インターネットバンキング口座を利用する場合などでは24時間対応や土日対応が可能なローンもあるので希望のローン会社に確認するとよいでしょう。

店舗に行かずにすぐ借りることができる消費者金融のローン

来店せずに申し込んだ当日に銀行振込が可能な消費者金融を紹介します。

アコムの即日融資

  • 1.申込方法はWEB申込(ネット経由)か電話
  • 2.契約手続は必要書類を平日14時までの送信が当日振込の条件

1.アコムの申込方法

アコムの場合、ネット経由や電話で24時間365日受付可能となっています。すぐ借りたい場合、当日の早め(午前中早め)に申し込みましょう。

2.アコムの契約手続等

アコムは、契約書類や本人確認書類を平日14時までに送信でき、かつ、アコムでそれを確認できた場合当日の銀行振込が可能となっています。なお、契約書類である「FAX専用書類」は自分のパソコンや、セブンイレブンのマルチコピー機から出力できます。

プロミスの即日融資

  1. 申込方法はWEB申込
  2. 契約手続はネット上で行い、平日14時までに契約内容を確認した場合が当日振込の条件

1.プロミスの申込方法

プロミスではWEB申込の場合に当日の銀行振込が可能になります。申込受付は24時間365日受付可能です。アコム同様に、すぐ借りたい場合はなるべく早めに申し込みましょう。

2.プロミスの契約手続等

プロミスの即日振込はWEB上の契約が前提になり、必要書類を画像化してプロミスへ送信するなどの作業あります(スマートフォンアプリも利用可能)。その後、振り込みを希望する方は平日14時までに契約内容を確認すれば当日振込が受けられます。

店舗に行かなくてもすぐ借りられる銀行カードローンはある?

ここではお店に行かなくても当日中に振り込みが可能な銀行カードローンの例を挙げます。

みずほ銀行の即日融資の例

  1. 申込方法はWEB申込
  2. 契約手続及び振込手続の平日15時までの完了とみずほ銀行口座及びみずほダイレクト口座(インターネットバンキング口座)の保有が条件

1.みずほ銀行の申込方法

みずほ銀行ではWEB申込の場合に同行のみずほダイレクト口座を利用した振込が可能になります。受付は24時間365日受付可能です。

2.契約手続等

みずほ銀行ではWEB上で契約手続を済ませることができ、申し込みの時間帯により即日融資が可能となります。同行のみずほダイレクト口座を持っている方なら申し込んだ当日にカードローンの利用即可能になるのです。

ただし、みずほダイレクトからカードローンの借り入れをする場合、平日の15時00分以降、土・日曜日、祝日、振替休日の受け付けでは翌営業日の入金になるので注意しましょう。

スルガ銀行の即日融資の例

  1. 申込方法はWEB申込
  2. 契約手続及び振込手続の平日12時までの完了が条件

1.スルガ銀行の申込方法

スルガ銀行もWEB申込の場合に当日の振り込みが可能です。

2.スルガ銀行の契約手続等

申込日の振り込みは平日の12時までに契約手続と振込手続が完了した場合にできます。契約では本人確認書類のアップロードなどWEB上ですべて完了できるので便利です。

振込口座は同行だけでなく他行の口座でも可能ですが、振込先の口座は本人名義の口座に限られるので注意しましょう。

今まで来店不要の即日振込が可能なローンの例を簡単に紹介しましたが、それら以外のローン会社でも臨機応変な対応を取ってくれることもあるようです。急ぎの場合はまずローン会社に電話をかけてみてはどうでしょうか。ご自分に合った最速の申込方法を提案してもらえるかもしれませんよ。

すぐ借りたいあなたへおすすめカードローン

アコム

アコム

  • 最短即日融資
  • 土日振込可能
  • アルバイト※
  • 電話確認なし
  • 主婦
  • 無利息期間
※安定した収入のある方。
お申し込み窓口はこちら
審査時間 最短30分
職場連絡 あり(身分証明書や収入証明書の種類によっては不要)
専業主婦 不可
土日の振込 楽天銀行もしくはむじんくんであれば土日OK
お申し込み窓口はこちら

プロミス

プロミス

  • 最短即日融資
  • 土日振込可能
  • アルバイト※
  • 電話確認なし※2
  • 主婦
  • 無利息期間※3
※安定した収入のある方。
※2電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐにご相談ください
※3メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です
お申し込み窓口はこちら
審査時間 最短30分で審査完了!
職場連絡 なし(web契約の場合)
※電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐにご相談ください
専業主婦 NG(パートなど収入が必要です)
土日の振込 提携ATMで土日祝日振込みOK
お申し込み窓口はこちら

PAGE TOP