東京三菱UFJ銀行カードローン バンクイック

診断はたったの3秒!テレビ窓口を利用すれば在籍確認の電話なし!

東京三菱UFJ銀行カードローン バンクイック

  • 最短即日融資
  • 土日振込可能
  • アルバイト※
  • 電話確認なし
  • 主婦
  • 無利息期間
※安定した収入のある方。
お申し込み窓口はこちら
審査難易度 C(一般的な銀行カードローン)
審査時間 最短30分 (当日融資の可能性も)
職場連絡 あり(状況・条件によっては無し)
専業主婦 申込可能(利用限度額30万円以内)
土日の振込 振り込み可能
実質金利 4.6%~14.6% 限度額 500万円
保証人 不要 総量規制 対象外
申込資格 満20歳~65歳 学生 OK(親権者の同意書が必須)
お申し込み窓口はこちら

今すぐ借りたい!即日融資ガイド

即日融資が可能な中小消費者金融のメリットとデメリットとは


company

中小消費者金融の即日融資の内容

中小事業者で即日融資を受ける代表的な方法としては、

・店頭窓口で申し込み・契約して窓口で借り入れする
・WEB上で申し込み・契約して銀行振込で借り入れする

の2つになります。

店頭窓口での申し込みで即日キャッシング

昔からの借入手段はこの店頭窓口ですが、最近ではインターネットキャッシング専門店が登場してきて窓口キャッシングは以前に比べると減少しているようです。

申し込み方法は、借手が窓口で申込書に必要事項を記入したり、必要書類を提示したりするとともに審査として担当者から質問を受けます。その際に担当者が申込者の勤務先へ電話して本人確認をすることがあります(在籍確認)。

借り入れまでの時間は1時間ほどが多いようですが、申込者の状況や来店者数によって異なるので注意しましょう。

審査に合格すれば直ぐに契約手続に入り、その後認められた金額や範囲内でお金を受け取れるというわけです。

インターネット経由での申し込みから銀行振込

中小ローンでもWEB上からの申し込み・契約ができ、銀行振込で借り入れできるところが増えてきました。

申込方法は、申込者が事業者のサイトにアクセスして、その申し込みページで必要事項を入力したり、運転免許証などの必要書類を送信・アップロードしたりすれば、WEB上で契約が可能になっています。

審査は入力した情報、電話での本人確認や在籍確認などで行われ、早ければ審査結果は1時間くらいで連絡されることもあります。

審査の合格後にWEB上で契約手続できれば、あとは銀行振込でキャッシングができるというわけです。ただし、契約手続が平日の午前中や午後2時くらいまでに完了しないと当日の振り込みは難しくなるでしょう。

なお、上記の方法以外として自動契約機で申し込み・契約してカードを受領しATMでキャッシングできる中小ローンも非常に少ないですがあります。

中小消費者金融のメリット

中小消費者金融を利用するメリットは

  • 審査に柔軟性があり比較的甘い
  • キャッシングまでが早い

の2つが大きな特徴です。

審査が大手に比べて甘く柔軟な判断をしてくれる!

中小消費者金融は大手事業者と比べ審査が甘いとよく言われます。実際に大手消費者金融や銀行カードローンの審査に落ちた方が中小で借り入れできたケースは多いのです。

その理由は大手より申込者が少なく大手の審査に落ちた方などの申し込みも多いので、審査を厳しくすると利用者が増えないからです。そうした点から大手の審査に通らなかった方でも中小なら借り入れできる可能性があるわけです。

また、審査自体が柔軟に行われているのも特徴です。大手ではコンピューターによる機械中心の審査ですが、中小では人間中心で実施されています。また、中小では大手に比べ申込者の情報を多く丁寧に収集し審査に反映する傾向もあります。

例えば、過去に起こした信用事故や現在の収入だけでなく、今後の仕事や収入なども聞き取り考慮してくれることもあるようです。

インターネット経由の申し込みのみではこうした情報収集は困難ですが、店頭窓口や電話での手続に重点を置いている事業者は特に柔軟な対応が期待できるかもしれません。

スピード融資が中小の特徴!

中小消費者金融は小回りの利いたスピードのある営業が身上で、申し込みから借り入れまでの時間が大手と比べても全体的に早いといえそうです。

大手ではインターネット経由や契約機の申し込みなら1時間ほどで契約できることもありますが、中小でも店頭窓口やネット経由の申し込みは大手と同様の時間で契約できることもあります。

もちろん事業者のタイプや申込者の状況によっては1時間以上かかることもあります。また、ネット経由の申し込みで審査結果が数日以上かかっているケースもあるので、急ぎの場合は電話で確認して申し込むことをお勧めします。

中小消費者金融のデメリット

中小事業者を利用した場合のデメリットとしては

・金利や限度額などの利用条件が大手より劣る
・悪徳業者の罠にはまってしまうリスクが発生する

の2つが大きな特徴です。

金利が高い、融資限度額が低いなど、利用条件が大手に比べて劣る

全般的に中小消費者金融の利用条件は大手に比べて劣り、具体的には次のようになっています。

  1. 融資金利
  2. 単純に金利だけを比較すると、大手消費者金融の金利は4%台から18%で、銀行では4%台から14台%までが多くなっています。これに対して中小消費者金融では7%から18%のところが多いです。

    ただし、金利は融資限度額に対応して設定されることが多いので、同じ限度額での金利で比較する必要があります。消費者の利用の多い100万円以下の限度額に対する金利では、中小は18%、大手消費者金融では15~18%、銀行では14%台が多くなっています。

    100万円以下の借り入れを短期間で返済する場合、中小と他の事業者との利息の差はそれほど大きくならないでしょうが、半年や1年を超える場合は特に慎重に考える必要があるでしょう。

  3. 融資限度額
  4. 中小の融資限度額の範囲は50万円から300万円が多く、大手消費者金融では400万円までで、銀行では50万円から1000万円までなどとばらつきが大きいです。概して言うと中小は他の事業者よりも限度額は少なめといえるでしょう。

    ただし、融資額は申込者の状況によって決まるので、大手でも銀行でも希望の金額がそのまま借りられるわけではなく、借りられる金額は結果的に中小でも大手でもあまり差がでないということになるかもしれません。

悪徳業者と契約して被害を受けると可能性が高まる

中小消費者金融に申し込む場合に最も注意すべき点は悪徳業者との契約です。悪徳業者と契約してしまうと、違法な金利を要求されたり支払う必要のない紹介料や保証料などが取られたり、といった被害を受ける可能性が出てくるのです。

中小消費者金融の多くは大手や銀行と異なり、広告を大々的に打つことが少なく知名度が全般的に低いです。そのため消費者はほとんどの中小ローンの名前を聞いたことがないでしょう。

そうした知らない会社の中には悪徳業者が紛れていて違法な取引に誘い込もうとしていることもあるので注意が必要です。

中小事業者のサイトを見て営業実態を確認するだけでなく、貸金事業の登録の有無、連絡先や住所などもチェックするべきです。また、悪徳業者検索やネット上の口コミでのチェックも行うようにしたいですね。

以上のように中小消費者金融は融資までの速さや審査の柔軟さなどのメリットがある一方、金利などの利用条件が劣る、悪徳業者とかかわるリスクなどのデメリットがあるので、両者をよく考えて申し込みを検討してください。

PAGE TOP