銀行カードローンで借りる秘訣

ブラックでも可能?信用力が低い方の銀行カードローンの攻略法とは


喜び

信用度を回復する

ブラックの方が銀行カードローンの審査に通りにくい最大の原因は過去の信用事故といえるでしょう。そのため事故によって傷ついて自身の信用度を少しでも回復させることが最優先事項となるのです。

過去の信用事故の影響を低減する

長期滞納や債務整理などの事故を発生させることで信用度が低下しますが、その事故の処理を早期に行うことで信用は少しずつ回復します。

例えば、長期滞納の場合、当然その債務を返済する義務がありますがその返済を早く終えるほど信用度は回復します。

また、任意整理や個人再生の場合は一定の債務が残りますが、これも返済を早く完済するほど信用度は回復します。

事故後の残債を3年かけて完済している場合よりも1年で完済している場合のほうが信用度の評価はよくなるのです。過去の事故は取り消せないと諦めないで、その処理を一刻も早く完了させることをお勧めします。

現在の信用取引で信用度は回復する

少額商品の分割払いなどの信用取引でも遅れることなく支払いを履行していくと信用度はアップします。

クレジットカードでの支払いや購入商品の分割払いは信用取引なので、返済遅延があれば信用情報機関の記録に登録されることもあります。

もし信用情報機関にそれらの遅延情報が登録されれば、銀行カードローンの審査の際にその情報が確認されるため、審査通過が難しくなるでしょう。

ほんのわずか金額でほんの少し遅れただけであってもブラックの方にそうした記録があると、審査では致命傷になりえるのです。

そのためどんな信用取引であっても返済遅延を起こさないことが銀行の審査にパスするための最低条件であり、返済遅延を起こさず確実な支払いを継続している期間が長いほど信用度は逆に増していくことになるのです。

仕事をより安定、収入をより多くする

ブラックの方でも返済能力の高い方ほど銀行カードローンを利用できる可能性は高くなります。特に仕事が安定していて収入が多い方はより審査に通りやすくなるはずです。

事故後により安定した仕事に就く

ローン審査では貸すお金の金額に対して安定的に返済できるだけの収入があるのかという点も査定しますので、事故後により安定した仕事や勤務形態に就くことができれば、評価はよくなり審査にも通りやすくなるでしょう。

具体的には、

  • パートやアルバイトから正社員に登用される
  • 派遣社員から企業の正社員として勤務する
  • 個人事業主から一般企業のサラリーマンになる
  • 中小企業から公務員へ転職する

などがより安定した就労状況であり、安定した収入も得られやすくなりますね。

そして、こうした登用や転職により収入がアップしたならその点を銀行にアピールするとよいでしょう。事故を起こした時よりも現在はより安定した収入を得られていると評価を上げてくれるかもしれませよ。

給料が少しでも高くなることをする

収入をアップさせる方法の代表は、給料の高い仕事へ転職することですが、それ以外の方法もあります。

転職では、

  • 中小企業から大企業へ
  • サラリーマンから医者、弁護士や税理士などの専門職へ
  • 一般企業から上級公務員へ

などのシフトが有効かもしれません。しかし、転職は自分の能力だけでなく機会も重要になるので容易ではありませんね。そのため他の収入アップの方法も重要になってくるでしょう。例えば、

  • 時間外業務に積極的に従事して月給を増やす
  • 社内の資格をとって手当てをもらう
  • 昇進や昇格を果たし給料を大幅にアップする
  • 副業やアルバイトをする

などが挙げられます。勤務先によってはできないこともあるでしょうが、転職が難しい場合は検討してみてはどうでしょうか。

ブラックでも合格している銀行へ申し込む

銀行を含めたカードローン事業者では審査の内容や基準、及び審査結果の内容などを公表していないため、実際にどのようなブラックが審査に落ち、あるいは合格しているのかがわかりません。しかし、その唯一の手掛かりとして実際に申し込んだブラックからの情報があります。

その情報を集めて分析すればブラックでも合格できそうな銀行を見つけ出せば、審査に通りやすくなるはずです。

集めるべきブラックからの情報とは

インターネット上などから収集するブラックに関する情報としてはできるだけ自分の状況と近い方のものを集めるようにしましょう。

ブラックの方も千差万別におられるので闇雲に情報を集めても参考になりません。審査の難易度や合格の可能性を検討するためには、自分と同じような属性、返済能力、信用事故内容と申し込んだ銀行での結果などの情報を集めるべきです。例えば、

  • 性別、年齢、職業:男性、30歳、中小製造業勤務
  • 収入、勤続年数:年収350万円、5年勤務
  • 債務額:現在なし
  • 信用事故の内容とその残債:4年前に任意整理の経験あり。債務は2年前に完済
  • 申し込んだ銀行と結果:A銀行は否決。B銀行は20万円で可決

といった情報になります。こうした情報が自分の状況に近いほど自分が申し込んだ場合の判断材料になるのではないでしょうか。

情報を分析し審査の程度を測る

先ほどのようなブラックの情報を多く集め分析すれば、自分がどの銀行に申し込めば審査に通る可能性が高いか低いかがある程度つかめるはずです。

例えば、先ほどの例では「A銀行の審査に落ちたが、B銀行では合格し20万円借りられた」という内容がありましたが、そのブラックの方にとっての難易度はB銀行のほうが甘いということになります。

こうした情報を複数集めていけば、自分と同じような状況にあるブラックならどの銀行なら審査に通りやすく、あるいは通りにくいのかが多少は見えてくるはずです。多少手間のかかる作業ですが、審査が不安の方は時間を見つけて取り組んでみてはいかがでしょう。

ただし、口コミ情報には信憑性の低い情報もあるので、あまり具体性のないものや、サクラ的な情報には注意する必要がありますね。

以上のようにブラックの方でも銀行カードローンの審査に合格してお金を借りることも可能です。そのためには、失った信用を回復し収入をアップしていく、自分と同じようなブラックが合格している審査の甘い銀行を見つける、ことが合格の決め手になるかもしれません。もし対策で悩んでおられるなら参考にしてみてはどうでしょうか。