申し込む前に知っておきたいカードローンのメリットとデメリット


怪しい

カードローンのメリット1:他の融資商品よりも借りやすい

ここではカードローンが他の融資商品よりも手軽にお金を借りやすいというメリットを紹介します。

カーローンや住宅ローンなどよりもカードローンは融資のハードルが低い

消費者が金融機関などからお金を借りるための融資商品は、カーローン、住宅ローンや教育ローンなどがありますが、カードローンはこれらの商品よりもはるかに融資を受けるハードルが低くお金を借りやすいというメリットがあります。

カードローンは借りる金額が少なめになるとはいえ、無担保・無保証人で融資が受けられ、審査時間が最短30分などの超短時間で済むなど他のローン商品と比べ審査基準が非常に優しいといえるでしょう。

目的が自由でお金を借りやすい

カードローンの場合、使途が自由になっているのでお金を借りやすいですね。

教育ローン、カーローンや住宅ローンは特定の目的のためにお金を借りる目的ローンといわれるものですが、カードローンは特定の用途に制限されることなく自由に使える点で借りやすいといえるでしょう。

カードローンなら生活費の不足分、突然の病気やケガの治療費や入院費用、想定外の子供の教育費用、冠婚葬祭やトラブル処理の費用など、少額からまとまった金額まで用途に関係なく借りられるというメリットがあります。

カードローンのメリット2:利便性が高い

カードローンのもう一つの大きな魅力は利便性の高さにあるでしょう。カードローンには簡単に早く借りられ、何度でも繰り返し自由に利用できる、などの便利さが大きなメリットです。

利用限度額の範囲なら繰り返し自由に借り入れできる

他のローン商品では一定額の融資を受ければそのあとは返済するだけのケースが多いですが、カードローンは適用される利用限度額の範囲なら何度でも自由に借り入れ・返済ができる便利な商品です。

例えば、利用限度額が100万円としてカードローンと契約できれば、100万円まで10万円や20万円などのお金を借り、その後に30万円を返済して再度20万円借りるといったと繰り返しの利用ができるのです。

もちろん必要のない時にはお金を借りなくてもよいので、余ったお金を無駄に使ってしまうリスクも低くなるでしょう。

このようにカードローンは自由度の高い借り入れ・返済ができるというのがやはり魅力ですね。

申し込みから借り入れまでの時間が短く即日融資も可能

カーローンや住宅ローンなどと比べカードローンの審査や契約手続がとても早く借り入れまでの時間が非常に短いのが大きな特徴ですね。

申込方法や契約方法には店頭窓口、電話・FAX、契約機、インターネット経由や郵送などが用意されており、消費者は自分の状況に合わせて申し込みができます。また、受付時間も24時間、365に対応できる手段もあるので、平日の日中が忙しい方でも便利に利用できるのです。

審査時間は最短30分というような短時間も可能になっており、審査後の契約も店頭窓口、契約機やWEB上で済ませられるので即日融資を受けられる可能性が高いのもカードローンのメリットでしょう。

ATMや口座振込で簡単にキャッシングができる

ローンカードを発行するカードローン会社の場合、消費者はそのカードを利用すればコンビニなどのATMでほぼ24時間いつでもキャッシングできます。

また、ローンカードを発行しないローン会社の場合は銀行振込によるキャッシングになりますが、平日の午前中や14時頃までに振込依頼すれば当日中の口座振込が可能になるケースが多く便利です。

さらに、アコムやプロミスなどでは特定の口座を利用すれば24時間いつでもすぐに口座振込をしてくれるサービスも提供しています。

このようにカードローンはいつでもどこでもキャッシングや返済ができるという利便性の高さが大きな魅力ですね。

カードローンのデメリット1:借り入れが多くなりやすい

カードローンにはその便利さとは裏腹に借り入れが多くなりやすいというデメリットがあります。

カードローンはいつでもどこでも利用しやすいので、ついつい借り過ぎてしまい気が付くと限度額いっぱいまで借りていることが多いようです。

限度額で借り入れを留めておけばよいのですが、限度額を増額したり新たなローンから借りたりする方も多く、借入残高が大きく膨れ上がっていくことも珍しくありません。

少額の借り入れでも1社から2社、3社と借入先が増えていけば多重債で返済できない状況に陥りやすくなるので注意が必要ですね。

便利だからついつい借り過ぎてしまうという点がカードローンの大きなデメリットといえるでしょう。

カードローンのデメリット2:金利が高く支払いが多くなりやすい

カードローンは金利が他のローン商品に比べて高いので、支払利息の合計が多くなりやすいというデメリットがあります。つまり、利息の点で損しやすいという特徴があるわけですね。

例えば、自動車の購入でカーローンとカードローンを各々利用した場合の利息がどうなるか示してみましょう。

カーローンから200万円を金利3%で借りて5年で返済する場合(元利均等返済) このケースでは毎月の返済額は35,937円、5年間の利息合計は156,243円になります。
カードローンから200万円を金利10%で借りて5年で返済する場合(元利均等返済) このケースでは毎月の返済額は42,494円、5年間の利息合計は549,645円になります。

つまり、上記の条件の場合カードローンの利息はカーローンよりも393402円多くなるわけです。カードローンは少額のお金を多少長期にわたって借りても利息もそれほど大きくなりませんが、高額のお金を高金利で長期間借りてしまうと利息の負担が過大になるので注意したいですね。

以上のようにカードローンには、審査の基準が低く融資を受けやすい、申し込みから借り入れまで簡単で早く即日融資が可能なほど利便性が高い、などのメリットがあります。一方、借入額が増えやすい、金利が高く利息の支払いが多くなる、などのデメリットもあります。消費者としてはこれらの特徴を頭によく入れて利用しないといけませんね。

お勧めカードローン

モビット

モビット

  • 最短即日融資
  • 土日振込可能
  • アルバイト※
  • 電話確認なし
  • 主婦
  • 無利息期間
※安定した収入のある方。
お申し込み窓口はこちら
審査時間 10秒簡易審査
職場連絡 なし
主婦 安定した収入がある方
土日の振込 OK(ATMより可能)
お申し込み窓口はこちら

アイフル

アイフル

  • 最短即日融資
  • 土日振込可能
  • アルバイト※
  • 電話確認なし
  • 主婦
  • 無利息期間
※安定した収入のある方。
お申し込み窓口はこちら
審査時間 最短30分
職場連絡 あり
専業主婦 不可
土日の振込 不可
お申し込み窓口はこちら

PAGE TOP