キャッシング業者によって借り入れの条件が違う!大手と中小の違いを徹底検証!

loan

キャッシング業者の金利や融資限度額などの借り入れ条件はどれくらい差がある?

ここでは大手と中小の消費者金融での金利と融資限度額の違いを確認します。

キャッシング業者による貸付金利の違い

全般的に大手キャッシング業者のほうが中小のキャッシング業者よりも金利は低いですが、個別では同等の金利を設定している事業者も少なくありません。

大手キャッシング業者の金利の違い

大手キャッシング業者であるアコムアイフルの金利は4%台半ばから18%です。
プロミス4.5%~17.8%です

適用金利は通常融資限度額とともに設定され、「限度額が50万円で金利は18%」といった内容になります。

上記の上限金利は限度額が100万円以下の場合に設定されることが多いようですが、申込者の状況によっては同じ金利でも限度額に多少の違いがでます。

下限金利の4%台の金利は最高限度額の500万円に近い金額を借りられるほどの評価を審査でないと適用されるのは難しいですね。

契約時に提示された金利は、申込者が交渉すれば若干有利に変更してもらえるケースもあるので、ダメモトで相談するのもよいでしょう。

アコム 4%台半ば~18%
アイフル 4%台半ば~18%
プロミス 4.5%~17.8%
中小キャッシング業者の金利の違い

中小の消費者金融は大勢いるので金利の値を正確に把握することは困難ですが、限度額を500万円までとした場合の金利は4%台半ばから20%までになるでしょう。

しかし、限度額が300万円までの事業者が多いこともあり下限金利の中心は7~8%あたりになりそうです。上限金利では18%に設定している事業者も多いですが、18~20%の間で設定しているケースも少なくありませんね。

中小の金利は大手と比較すると限度額が大きくなるほど金利差が高めに広がるケースが多いというのが一つの特徴ですが、中堅クラスのセントラルや銀行グループ系のダイレクトワンなど大手と同等の金利を設定している事業者もいます。

キャッシング業者による融資限度額の違い

大手キャッシング業者の限度額

アコムアイフルプロミスの融資限度額は500万円までで、モビットは800万円です。

中小キャッシング業者の限度額

金利と同様かなりのばらつきが見られるものの、中小の限度額は300万円までが主流といえそうです。特に100~200万円までの設定が多いのではないでしょうか。

以上の内容から、大手の貸付条件では特に大口の借り入れで低い金利になりやすいように見えます。一方、中小の場合、100万円以下の融資なら大手との金利差があまりないので小口の借り入れに適しているでしょう。

大手と中小のキャッシング業者ではどっちが借りやすい?

ここでは申し込み、借り入れや返済のしやすさなどの利便性について確認します。

キャッシング業者の申し込みの便利さの比較

大手キャッシング業者の借り方

大手の申込方法はWEB申込、電話、契約機、店頭窓口、郵送、FAXなどがあり、消費者は自分に適した方法を選びやすいというのが特徴でしょう。

受付時間は、WEB申込では24時間、365日対応で、電話や契約機でも21時や22時まで対応しているので日中にお店へ行けない方には特に重宝するでしょう。また、契約機では土日・祝日でも対応しているので休日に契約したい方にも適しています。

審査時間は最短30分と短く、即日融資も十分可能です。ただし、申込者の状況などによっては数時間以上かかることもあるので注意しましょう。
遅くまで審査に対応できて、AIを使って爆速の審査ができるキャッシング業者は「レイクALSA」です。
すぐ借りたいという方はレイクALSAをおすすめします。

中小キャッシング業者の借り方

中小も大手と同様の申込手段を備えているところもありますが、主にWEB申込、電話、店頭窓口の3つが主流といえそうです。最近では大手と同様にWEB申込が中心になっていますね。

受付時間は大手より全般的に早く終了するケースが多いですが、WEB申込の場合は大手と同様に24時間対応で、電話でもフクホーのように24時間対応している事業者もいます。ただし、休日での対応は大手ほど期待できないかもしれません。

審査時間は最短30分から最短当日中などとばらつきが大きいですが、即日回答は期待できそうです。特に店頭窓口の場合は来店時に回答されるケースが多いでしょう。

以上の内容から申し込みや契約するための手段では大手のほうが豊富に用意され深夜や休日での対応がよいので大変便利ですが、即日審査・即日融資の対応はそれほど大きな差がないでしょう。

借り入れや返済の便利さは?

大手キャッシング業者の借り入れ・返済事情

大手キャッシング業者の場合の入出金の手段は店頭窓口、銀行振込とATMになりますが、店頭窓口の利用は少なくなっています。

ATMの場合、大手は金融機関やコンビニなどと多く提携しているので利用できるATMの数が何万台もあり利用者が入出金に困ることはほとんどないでしょう。利用可能な時間はほぼ24時間利用可能なので安心ですね。

銀行振込の場合、平日なら午後14時頃までに依頼すれば当日中の口座振込が可能です。また、アコムプロミスでは特定の銀行に口座がある場合、24時間、土日祝日での振込ができます。

中小キャッシング業者の借り入れ・返済事情

中小の場合も入出金の手段は店頭窓口、銀行振込とATMになりますが、最近では銀行振込が中心になっています。

中小事業者はローンカードを発行するケースが少なく、営業店舗も多くないので銀行振込がどうしても多くなるようですね。ATMの利用では銀行のキャッシュカードを使って銀行口座から引き出す形態が多くなります。

口座振込の受付時間は大手と同様に平日の14時頃までなら当日振込が可能な事業者も少なくありません。ただし、大手と違って24時間、土日祝日での振込は期待できないでしょう。

以上のように借り入れや返済の便利さは大手のほうが一枚上といえそうですね。

中小と大手のキャッシング業者はどちらの審査が甘い?

大手よりも中小キャッシング業者のほうが審査は甘い

インターネット上のカードローン紹介サイトや口コミの情報から判断すると大手より中小のほうが審査に通りやすいと考えられます。

大手と中小の審査の難易度に関する客観的なデータがほとんどないため、どちらが審査に通りやすいかを正確に判断することは不可能です。

しかし、審査情報をインターネット上に提供している紹介サイトや審査に関する生の口コミ情報を提供している専門サイトの情報から両者の難易度をある程度判断できます。

例えば、「アコムに落ちたが中小のAローンからは20万円を借りられた」、「4年前に任意整理の経験があり、アイフルの審査では不合格だったが中小のBローンには通った」などの情報が上記のサイトに多く寄せられています。

こうした情報から相対的に審査の通りやすさを判断すると大手よりも中小のほうが合格しやすいでしょう。

以上のように貸付条件や利便性の点では大手消費者金融のほうが上で、利用者にとってはより有利に便利に利用できるでしょう。一方、審査の点では中小消費者金融のほうが合格しやすくお金を借りやすい相手といえそうです。いくら大手が便利で有利であっても審査に通らないと意味がないので、その点も踏まえてローンを選ぶ必要がありますね。

人気の【厳選】カードローン

レイクALSA(アルサ)

レイクALSA(アルサ)

  • 最短即日融資
  • 土日振込可能
  • アルバイト※
  • 電話確認なし
  • 主婦
  • 無利息期間
※安定した収入のある方。
お申し込み窓口はこちら
審査時間 申込み完了画面に表示
職場連絡 あり(勤務先に電話確認)
専業主婦 不可
土日の振込
お申し込み窓口はこちら

SMBCモビット

SMBCモビット

  • 最短即日融資
  • 土日振込可能
  • アルバイト※
  • Web完結で電話確認なし
  • 主婦
  • 無利息期間
※安定した収入のある方。
お申し込み窓口はこちら
審査時間 10秒簡易審査
職場連絡 WEB完結なら電話連絡なし
主婦 安定した収入がある方
土日の振込 OK(ATMより可能)
お申し込み窓口はこちら

アイフル

アイフル

  • 最短即日融資
  • 土日振込可能
  • アルバイト※
  • 電話確認なし
  • 主婦
  • 無利息期間
※安定した収入のある方。
お申し込み窓口はこちら
審査時間 最短30分
職場連絡 あり
専業主婦 不可
土日の振込 不可
お申し込み窓口はこちら

PAGE TOP