アイフル

アイフル

  • 最短即日融資
  • 土日振込可能
  • アルバイト※
  • 電話確認なし
  • 主婦
  • 無利息期間
※安定した収入がある方 お申し込み窓口はこちら
審査難易度
審査時間 最短30分
職場連絡 あり
専業主婦 不可
土日の振込 不可
実質金利 4.5%~18.0% 限度額 500万円
保証人 不要 総量規制 対象内
申込資格 満20歳以上69歳以下 学生 OK(アルバイト等収入がある場合)

アイフルは即日融資可能だが、申し込みは早めに

アイフルは他の大手の消費者金融同様、即日借り入れ可能です。
ただ、審査スピードはそこまで強調されていません。
そのため、申し込みは他の消費者金融よりも、早めにした方がいいでしょう。

審査にかかる時間は「最短30分」となっています。
実際、30分で審査が終わって、すべての手続き込みでも1時間で融資された…という体験談・口コミも多いです。

しかし、人によっては&審査の混み具合によってはもっとかかる場合もあります。
そのため、アイフルの即日審査を希望する場合は、普通の消費者金融の申し込みよりも、やや早めを意識してください。

アイフルでの銀行振り込みでの当日借入は、必ず午前中に

現金で直接借り入れするのではなく、銀行振り込みによって即日借り入れしたい場合―。
アイフルでは必ず午前中の審査申込みが必要です。

というのは、他の消費者金融よりも、当日振り込みの締切時間が早いため。
それぞれの消費者金融の、当日振り込みの受付時間(締切時間)を、一覧にすると下の通りです。

ノーローン 12時30分
アイフル 14時
アコム 14時30分
プロミス 14時50分
モビット 14時50分

このように、アイフルは「14時で締め切り」と、少々早くなっています。
ノーローンの「12時30分」ほどではありませんが、他の消費者金融より早めなのは確かです。

14時に振込手続きということは、13時45分くらいには審査完了していることが必要。
そこから逆算すると、遅くとも午前中には申し込んだ方がいい…ということです。

(もう少し遅くても間に合うかも知れませんが、念のために早めに申し込んでください)

アイフルは直接借り入れだったら、20時までに申し込み

銀行振り込みでなく、ATMから現金で直接キャッシングする場合―。
これは20時までに申し込みすれば間に合います。

アイフルの当日中の審査回答時間は、21時までです。
その時間までに審査が終わっていればいいのですが、そのためには、1時間前には申し込みが必要です。
ということで、20時までに申し込む…ということです。

これも銀行振り込みの時同様、もう少し遅くてもいいかも知れません。
アイフルの審査の所要時間は「最短30分」なので、極端な話「45分前」くらいに申し込んでも、間に合う可能性はあります。

ただ、15分程度の違いは大したことないですし、ギリギリで行動するより、余裕を持って申し込みした方がいいでしょう。
ということで、現金の借り入れの場合も、20時には申し込みしましょう。

契約ルームでアイフルカードを発行する

振り込みでなく、現金で直接借り入れする場合、アイフルカードを発行します。
ローンカードというもので、銀行のキャッシュカードとよく似ています。
このカードを使って、ATMで借入・返済するんですね。

銀行振り込みの時間を過ぎたら、ATMで直接借り入れするしかないので、このアイフルカードが必要です。
で、それを発行するために、アイフルの契約ルームに行く…というわけですね。

普通は郵送で自宅に送られるのを待つのですが、それでは即日借り入れできません。
そのため、即日キャッシング希望の時は、アイフルの店舗か、契約ルームに行くわけです。

アイフルの契約ルームについて

アイフルの契約ルームというのは、他の消費者金融でいう「自動契約機・無人契約機・ローン契約機」と同じようなもの。
違いは、テレビ電話のようなマシンがない、ということです。

マシンではなく普通のデスクと電話があり、この電話でアイフルのオペレーターさんと会話しながら、審査を進めます。
デスクの引き出しには申込書などの書類が入っていて、それを手書きして申し込む…という少々アナログなやり方です。

記入した申込書、本人確認書類などは、その場にあるコピー機のようなスキャナで読み取り、送信します。
つまり、身分証明書の郵送などは一切なしで、この契約ルームですべての審査が、即日完結する…ということです。

アイフルはパート・アルバイトでも借り入れできる

アイフルの審査基準ですが、基本的に「自分の収入があれば借入可能」となっています。
つまり、アルバイト・パートやフリーターの人は、みんなOKです。
学生でも、アルバイト収入があれば借り入れできます。

無収入の専業主婦はアイフルでは借り入れ不可

逆に自分の収入がない人―。
たとえばパート収入がない専業主婦の人などは、アイフルではキャッシング不可となっています。

これはアイフルだけの審査基準ではなく、プロミス・アコム・ノーローンなどの大手の消費者金融では、全部共通する基準です。
銀行カードローンでは無収入の専業主婦でも借りられるのですが、消費者金融では借り入れ不可なのです。

アイフルは学生は20才以上で、アルバイト収入があればOK

アイフルでは、学生でも借入可能です。
「20才以上」「アルバイト収入がある」という条件です。

20才以上という年齢制限があるので、10代・未成年の学生は借り入れ不可です。
つまり、大学生でも18才や19才のうちは、まだアイフルでは借り入れできません。
これもやはり、アイフルだけでなく、すべての大手の消費者金融で同様の審査基準になっています。

アイフルは10代は、働いている社会人でも借り入れ不可

アイフルは10代のキャッシングはできないということで、学生でなく社会人でも借り入れ不可です。
たとえば中卒・高卒で働いているような人ですが、こういう人はいくら安定収入があっても、まだ若すぎるということで、アイフルの審査では落ちてしまいます。

10代でもすでに働いているというのは立派なことだとは思いますが、これはすべてのキャッシング業者が、企業のモラルとして取り組んでいることなので、ぜひ理解してください。

アイフルの審査の難易度は?厳しい?甘い?

アイフルの審査は、厳しいということも甘いということもありません。
大手の消費者金融の平均レベルと思ってください。

審査通過率という数字だけ見れば、アイフルはやや高めです。
消費者金融全体の平均が大体40%なのに対し、アイフルの審査通過率は約43%です。

これはアイフルの月次レポートや『月間消費者信用』などの業界紙で発表されている数字で、公式のもの。
ただ、審査通過率はアイフルでも他の業者でも、時期によって大きく変動します。

というわけで、いつでも43%というわけではありませんが、全体的に、消費者金融の平均よりはやや審査に通りやすい…と思っていただいていいでしょう。

アイフルは職場への電話連絡をなしにできるか?

アイフルのキャッシング審査で、職場への在籍確認を回避する…ということはできません。
在籍確認は常に必須となっています。

ただ、在籍確認されても職場バレするような内容ではありません。
これもアイフルだけでなくどの消費者金融でも同じですが、キャッシングの在籍確認というのは、職場の人が電話に出ても、「カードローンの審査だ」とわかるよな内容ではないのです。

アイフルの社名は出さず、個人名でかかって来る

勤務先への電話確認で、「アイフル」という会社名を出すことは、ありません。
もちろん「カードローンの審査」ということも言いません。

また、「山県さんという方は在籍されていますか?」というような、直接的な在籍確認もしません。
「高杉と申しますが、山県さんお見えでしょうか」というように、ごく普通の用事の電話のようにかけてくるだけです。

その時の職場の人の対応によって、在籍しているかどうかを判断する…ということですね。
在籍確認を自然にして職場バレを防ぐことは、すべての消費者金融・銀行カードローンにとって、利用者の評判を左右する、大事な要素です。

そのため、アイフルの在籍確認も極めて慎重にしてくれるので、安心してください。
特に消費者金融は銀行カードローンほど、イメージがよくない分、職場バレしないように徹底的に配慮されています。

ということで、職場バレが不安だから在籍確認の回避をしたいという人でも、アイフルだったら特に問題ありません。
在籍確認の回避はできなくても、普通に受けてしまって大丈夫です。

アイフルは自分が電話に出た場合、何を聞かれるのか

勤務先にかかって来た、アイフルの確認電話に自分が出た場合―。
これは、特に何も聞かれません。
下のような内容を、アイフルのオペレーターさんが告げるだけです。

「相田さんでしょうか。アイフルの相葉です。これで在籍確認が取れましたので、早速ご融資させていただきます」…という風です。
言葉はもっと丁寧ですし、微妙に内容が違うこともありますが、ほぼこれだけで終わります。

ということで、在籍確認の電話は一瞬で終わりますし、かけてもらう時間帯などを指定することもできます。
職場の人に何か聞かれた場合の対応についても、ある程度まではリクエストできるので、職場バレのリスクはないと考えてください。

アイフルは完全に家族に内緒でキャッシングできる

キャッシングする時「家族に内緒で借りたい」というのは、誰でも考えることでしょう。
これについては、アイフルは完全に可能です。

まず、審査の時に自宅の固定電話に電話がかかって来る…ということはありません。
審査時に電話がかかって来るのは「自分の携帯」だけです。

この審査のルールはアイフルだけでなく、銀行カードローンでも他の消費者金融でも同じです。
本人が携帯電話を持っていなくて、自宅の固定電話しかない…という場合には自宅にかかって来ることもあるでしょう。

しかし、今どき携帯電話を持っていない人はそうそういないです。
また、この場合は家族バレ以前に、そもそもキャッシング審査に通る確率が、極めて低いです。

携帯電話を持っていない時点で「普通でない人」と判断されてしまうからです。
そのため、アイフルの審査に申し込む時も、もし携帯電話がない人がいたら、さきに携帯電話だけは持っておきましょう。
これだけでも審査に通る確率がかなり高くなります。
(ないときに比べれば、ですが)

アイフルは、自宅への郵送物もない

アイフルが家族バレ・夫バレせずに借りられる理由はもう一つ。
「自宅に郵便物が送られてこない」という点にあります。

キャッシング審査の後に送られてくる郵便物というのは、主に「ローンカード」です。
銀行のキャッシュカードのようなもので、これをATMに差し込んで借入・返済するわけですね。

銀行カードローンなどの場合、これが自宅に郵送されてくるので、家族バレ・旦那バレのリスクがあります。
しかし、アイフルの場合はこの心配がないのです。

ローンカードを契約ルームで発行できる

アイフルには契約ルームというものがあり、ここでローンカードを発行できます。
他の消費者金融では無人契約機・自動契約機などと呼ばれますが、アイフルも含めて、消費者金融はここでローンカードを作成できるんですね。

ということで、わざわざ自宅に郵送してもらわなくてもいいのです。
自宅への郵送物がなければ、当然家族にキャッシングがバレるリスクも低くなります。

ということで、家族・夫・妻などにバレずに借りたい…という人でも、アイフルなら安心して申し込みできます。

アイフルの返済方法と手数料について

アイフルの返済方法は、基本的に他の消費者金融と同じです。
「銀行引き落とし」「ATM返済」「店舗返済」が主な方法となります。

ATMはアイフルの専用ATMはもちろん、手数料なしで利用できます。
また、店舗返済や銀行引き落としも、当然手数料無料です。
銀行引き落としは1ヶ月に1回となっています。

アイフルはコンビニ・銀行のATMはすべて手数料がかかる

これはアイフルだけでなく、他の消費者金融の返済でも同じですが、コンビニATM・銀行ATMの場合は手数料がかかります。
そのため、これらのATMでひんぱんに返済するのは、控えた方がいいでしょう。

お申し込み窓口はこちら

PAGE TOP