銀行カードローンと消費者金融ではどっちが審査は甘い、借りやすい?


investigate

銀行カードローンより消費者金融のほうが審査は甘いか

カードローン業界では一般的に銀行カードローンより消費者金融のほうが審査に通りやすいといわれています。

消費者の声に基づく審査難易度の相対的評価

銀行も消費者金融も審査の評価基準などを公表しておらず、また両者の審査の難易度を客観的に示すデータなどもありません。そのため実際に申し込んだ消費者の声が難易度を測る根拠となります。

消費者の声には、

  • A銀行の審査に通らなかったがX消費者金融には通った
  • A銀行とB銀行に通らなかったがY消費者金融には通った
  • A銀行に通らなかったがXとY消費者金融には通った

などの情報があり、それらをもとに銀行カードローンと消費者金融の審査の程度を紹介しているカードローン情報サイトも多く見られます。

こうしたサイトの評価を含め、業界では消費者金融のほうが全般的には銀行カードローンより審査に通りやすいと認識しているのです。

カードローン業界関係者の声に基づく難易度の違い

元銀行員などが消費者金融と銀行の審査の違いについて情報を提供していることがありますが、それによると消費者金融よりも銀行のほうが審査は厳しいと考えているケースが多いようです。

実際に両者の審査基準などを把握している元担当者であれば、どちらの審査が厳しいか緩いかの判断もできるので上記のような評価は比較的信憑性が高いかもしれませんね。

また、銀行は担保主義・保証人主義の価値観が根付いており融資に対する審査が基本的に厳しく、それがカードローンの審査にも影響して消費者金融より審査に通りにくいケースが多いとみる業界関係者は少なくないのです。

このように業界関係者での一般的な評価でも消費者金融のほうが銀行カードローンよりも審査に通りやすいと考えられます。

ただし、これは全体的な評価であって個別のローンではそれに該当しないケースもあるでしょう。

銀行カードローンと消費者金融の審査難易度の程度

ここでは銀行カードローンと消費者金融の審査難易度がどの程度違うのかについて説明します。

銀行カードローンは保証会社の審査を前提として運営している

カードローン事業へ参入している銀行は多いですが、同事業に関する知識や経験が乏しく運営するためのノウハウも不足している銀行がほとんどだといわれています。そんな銀行がカードローン事業を運営できるのは保証会社の審査システムを利用しているからといえるでしょう。

銀行カードローンの利用条件の一つとして、「保証会社の保証を受けられる方」といった条件が課されています。つまり、保証会社の審査に通れる方が利用対象者になるという条件であり、このことは銀行の審査が保証会社の審査に依存していることを示しているわけです。

簡単にいうと多くの銀行カードローンの主要な審査は保証会社の審査ということになるわけです。*保証会社の判定に基づき最終的には銀行が融資の可否判断をするといわれています

保証会社は消費者金融や信販会社が多い

保証会社は消費者金融系、信販会社系、金融機関系の会社に分けられますが、消費者金融系が銀行カードローンの保証会社になっているケースが少なくありません。つまり、そのケースでは銀行の審査は保証会社となっている消費者金融が審査していることになるわけです。

例えば、

  • 三菱東京UFJ銀行はアコム
  • 三井住友銀行はSMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)
  • りそな銀行はオリックスクレジット
  • みずほ銀行はオリエントコーポレーション

が保証会社となっています。上の2行は消費者金融、下の2行は信販会社ですが、主要な審査難易度は各々の保証会社と同レベルであることが予想されます。

もちろん消費者金融が自社と保証業務で行っている審査判定の基準が同一とは限りませんが、大きく異なるとも考えにくいですね。

そのため上記の例で示すと、三菱東京UFJ銀行カードローンの審査判定はアコムのカードローンの判定と同レベルにあることが考えられるわけです。

銀行カードローンのほうが甘くなるケースはあるか

ここでは銀行カードローンの審査が消費者金融より甘くなるケースについて紹介します。

消費者金融より銀行のほうが審査は甘くなり得るのか

銀行はカードローン事業への参入が遅れたため知名度は高いとは言えません。そのため集客力も高くはなく、そのうえ審査が厳しいようでは利用者を伸ばしていくことは困難になります。そこで審査の判定基準を緩くして利用者を拡大させようとする銀行も出てくるわけです。

もちろん保証会社の審査に通ることが前提ですが、保証会社と相談して判定基準を緩めに変更することは可能なはずです。

例えば、通常の審査では不合格になる方でも、判定基準を変更して「金利18%で限度額10万円なら合格とする」というように金利を高めに限度額を低めに設定するなどして利用者を増やすことはできるでしょう。

利用者を増やすために審査を甘くするケース

銀行が審査を甘くしていると公表することはないので、申し込む側としては何らかの手掛かりがほしいところです。その手掛かりとしては、利用者の増大につながる各種のプロモーション活動が参考になります。

例えば、

  • 宣伝媒体を通じた活発な宣伝広告
  • 優遇金利を提供する新規加入キャンペーン

などがあげられるでしょう。

テレビ、ラジオやインターネットでコマーシャルを流したり、ネット上で広告のリンクを盛んに貼ったりして急に宣伝を活発にする銀行カードローンを視聴することがありますが、そういったケースの銀行では審査が甘くなっているかもしれません。

また、自社のホームページなどで優遇金利を提示して新規加入者を積極的に募る銀行も少なからず見られますが、そのケースでも審査が甘くなっている可能性がありますね。

どちらのケースも確証があるわけではありませんが、審査が甘くなっているかもしれないという兆候として参考にしてはどうでしょうか。

以上のとおり全般的には消費者金融のほうが銀行カードローンよりも審査に通りやすいでしょう。しかし、消費者金融が保証会社となっている銀行では審査の程度に大きな差はないと考えられます。また、銀行でも集客を強化した場合には審査が緩くなる可能性もあるので、銀行カードローンの審査は厳しいと考えている方は少し考え直してもよいかもしれませんね。

おすすめの銀行・カードローン

楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローン

  • 最短即日融資
  • 土日振込可能
  • アルバイト※
  • 電話確認なし
  • 主婦
  • 無利息期間
※安定した収入のある方。
お申し込み窓口はこちら
審査時間 最短で即日
職場連絡 あり(少額の場合無しの場合あり)
専業主婦 OK(50万円まで収入証明書なし)
土日の振込 楽天銀行の口座なら24時間対応
お申し込み窓口はこちら

モビット

モビット

  • 最短即日融資
  • 土日振込可能
  • アルバイト※
  • 電話確認なし
  • 主婦
  • 無利息期間
※安定した収入のある方。
お申し込み窓口はこちら
審査時間 10秒簡易審査
職場連絡 なし
主婦 安定した収入がある方
土日の振込 OK(ATMより可能)
お申し込み窓口はこちら

PAGE TOP