楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローン

  • 最短即日融資
  • 土日振込可能
  • アルバイト※
  • 電話確認なし
  • 主婦
  • 無利息期間
※安定した収入がある方 お申し込み窓口はこちら
審査難易度
審査時間 最短で即日
職場連絡 あり(少額の場合無しの場合あり)
専業主婦 OK(50万円まで収入証明書なし)
土日の振込 楽天銀行の口座なら24時間対応
実質金利 1.9%~14.5% 限度額
保証人 不要 総量規制 対象外
申込資格 20歳以上 学生 OK(アルバイトしている場合)

平日なら、楽天銀行の口座がなくても即日融資OK

楽天銀行スーパーローンは、平日の申し込みであれば、楽天銀行の口座がなくても、即日借り入れできます。
土日・祝日の場合は、楽天銀行の口座があれば可能です。
つまり楽天銀行の口座があれば、平日も土日・祝日も問わず、いつでも即日融資できる…ということです。

審査にかかる時間がどのくらいかは、ハッキリしていません。
しかし、30万円以下の少額融資であれば、大体午前中に申し込みすれば、当日借入できることが多いです。

それ以上の金額になると、翌日に持ち越されることもあります。
また、申し込みが午後になった場合も、即日融資は難しいでしょう。
(しかし、これは楽天銀行スーパーローンだけでなく、どの銀行カードローンでも大体同じです)

楽天銀行の口座を開設する必要はない

「その銀行の口座なしでも、即日借り入れできる」という情報は「当日、口座開設すればいい」という意味のこともあります。
その場合、カードローン申し込みだけでなく口座開設もしないといけないので、即日借り入れはかなり難しくなります。

しかし、楽天銀行スーパーローンではそのようなことはありません。
楽天銀行の口座を持っていない場合、今持っている他の銀行の口座を使えばOKです。
楽天銀行の口座を開設する必要はないんですね。

こういう点でも、楽天銀行スーパーローンは即日借り入れを、比較的しやすいカードローンだと言えます。

楽天クレジットカードなどの利用実績があると有利

楽天銀行は、カードローン以外でも「楽天クレジットカード」「楽天市場」など、多くのサービスを提供しています。
これらの利用実績があると、それがクレジットスコアとして評価されるので、より審査に通りやすくなります。

特に楽天クレジットカードは、お金を借りて返済するという点で、カードローンと非常によく似たサービス。
この利用実績はそのままダイレクトに、楽天銀行スーパーローンの審査にも影響します。

このクレジットカードで返済の遅延・延滞があった場合などは、スーパーローンの審査でも不利だと思ってください。
逆に、遅れずに返済を続けている場合、カードローンの審査でも相当有利になります。

楽天銀行スーパーローンは、専業主婦でも借りやすい

無収入の専業主婦でも、楽天銀行スーパーローンでは借入可能です。
借入可能どころか、すべての銀行カードローンや消費者金融の中で、一番借りやすいと言えるでしょう。
(消費者金融は、専業主婦では借り入れ不可ですが)

提出する書類が「自分の身分証明書」だけ

楽天銀行スーパーローンが「収入がない専業主婦にとって借りやすい」というのは、その提出書類の少なさが理由。
「自分の本人確認書類」を提出するだけでいいのです。

普通、自分の収入がない専業主婦がキャッシング審査を受ける場合、「配偶者の同意書」と「住民票」を提出します。
住民票は「夫との婚姻関係を証明する」ために提出し、配偶者の同意書は「夫もキャッシングに同意しています」という証明のために出します。

しかし、楽天銀行スーパーローンだったら、この両方の書類なしで、専業主婦でもキャッシングできるわけですね。
「自分の身分証明書だけ」という、「自分の収入で借りる」時と同じ条件なのです。

…というように、収入がない専業主婦が審査に通りやすい…というのも楽天銀行の魅力と言えるでしょう。

学生キャッシングにも、楽天銀行は対応

銀行カードローンでは「学生借入不可」という所が多いですが、楽天銀行スーパーローンは学生キャッシングもOKとなっています。
特に難しい条件はなく「20才以上」「アルバイト収入あり」というだけです。
親権者の同意書などの提出は、必要ありあmせん。

楽天銀行自体が始まって5年という若いサービスですし、楽天という会社自体が、ネット系の若い企業です。
そのため、若いユーザーを取り込むことには、かなり積極的。
銀行カードローンの中で一番「学生融資がしやすい」と言ってもいいでしょう。

年金生活者(年金受給者)が借りるのはやや厳しい

上のように若者向けの傾向がある楽天銀行スーパーローン。
逆に言えば「年金生活者は借りづらい」ということです。

それは年齢制限を見てもはっきりわかります。
普通の銀行カードローンの年齢条件は「20才~65才」。
しかし、楽天銀行は「62才まで」と、3才若く締めきっています。

60才から年金生活が始まったとして、2年しか、楽天銀行で申し込むチャンスはないということですね。
そして、これだけ早く締め切るということは「歓迎していない」証拠なので、審査もやや厳しいでしょう。

銀行カードローンでは「年金以外の収入がなくても借入可能」という銀行がいくつかありますが、楽天銀行の場合は、ある程度年金以外の収入がある人が、申し込んだ方がいいと言えます。

アルバイト・パート・フリーターは当然借入可能

楽天銀行スーパーローンの審査基準は、基本的に「自分の収入があれば借入可能」となっています。
これは消費者金融や他の銀行カードローンでも同じですが、楽天銀行でも共通のルールです。

そのため、フリーターやパート・アルバイトの人でも、最低月5万円~7万円程度の収入があれば、審査に通る確率は高いです。
どのくらいの月収で借入可能かは、その人のその他の審査条件にもよります。

勤続年数や、借入総額、クレジットヒストリーなどで、人によっては正社員の審査よりも有利…ということもあるかも知れません。

…ということで、フリーターだから不利とか、アルバイトだから審査に落ちる…ということは、楽天銀行スーパーローンではありません。
総合的に信用度(クレジットスコア)を高める…ということを意識して、申し込みしてください。

(直前でも、少しでも借入総額を小さくするなど、審査に通るためにできることはたくさんあります)

楽天銀行の在籍確認は必須だが、回避の可能性も

勤務先への在籍確認の電話は、楽天銀行スーパーローンの審査では、基本は必須となっています。
しかし、30万円以下の小口融資の時など「電話連絡なしでキャッシングできた」という体験談・口コミも多くあります。

あくまでネット上の口コミや体験談なので、本当かどうかはそれぞれの判断にお任せします。
ただ、楽天銀行に限らず「少額融資の時」「借り手の返済能力が高い時」は、しばしば審査での在籍確認が省略されることがあります。

楽天銀行スーパーローンも同じようにして、審査にかかる時間を短縮し、利用者を待たせないように工夫している…という可能性はあるでしょう。
そのため、「明らかに自分は返済能力が高い」「借入希望金額も小さい」という人なら、電話連絡なしにできる可能性もある…と考えてください。

職場が休みの土日・祝日は、特に可能性が高い

銀行カードローンの審査で「電話連絡なしになる」ケースは、「勤務先が休みの時」が多いです。
土日・祝日・夜間などが主にそうですね。
「在籍確認したくてもできない」という状況の場合「電話連絡なしでもOK」ということが増えるようです。

楽天銀行スーパーローンの場合は、どうなるかわかりませんが、そういう時の申し込みでも、即日キャッシングできる可能性はある…ということです。

楽天銀行は家族に内緒でも借り入れしやすい

「家族に内緒でキャッシングしたい」「家族に借金がバレるのは嫌だ…」という人は多いでしょう。
そういう人でも楽天銀行スーパーローンなら安心です。

というのは、楽天銀行の場合「申し込んだ理由」の説明がしやすいからです。
楽天銀行スーパーローンの審査に通ると、自宅に1回だけ郵便物が来ます。
ATMで使うための「ローンカード」が送られてくるのです。

他の銀行だったら、その封筒を見て家族が怪しむ…ということもあります。
しかし、楽天銀行だったら、郵送で怪しまれることはありません。

楽天銀行の口座を開設して、ポイントをもらったことに

楽天銀行で口座開設をすると、楽天市場のポイントが5000円貯まる…というキャンペーンがよくあります。
そのために口座開設した…ということにすれば、家族も納得するでしょう。

もちろん、すでに楽天銀行の口座を持っている人の場合、この説明(言い訳)は使えません。
しかし、もともと口座を持っているなら、楽天銀行から郵送物が来たとしても、不自然なことは特にありません。

ということで、楽天銀行スーパーローンは自宅への郵送による家族バレが、特に少ないんですね。
もちろん、夫バレ・妻バレの心配もまったくありません。

審査で、自宅に電話がかかって来ることはない

これは楽天銀行に限らず、どの消費者金融・銀行カードローンの審査でも同じです。
キャッシング審査で、自宅の固定電話などに電話がかかって来ることはないので、この点は安心してください。

審査で電話がかかって来るのは「自分の携帯」だけです。
それも、簡単に申し込み内容を確認する程度で、この電話によって何かを審査する…というわけではありません。

その後の利用でも、自宅への連絡は来ない

これも楽天銀行だけでなく、どのキャッシング業者でも共通するルールです。
貸金業法や銀行法では「第三者に借金の事実を知らせてはいけない」という規則があるので、家族に借金がバレるようなことはしてはいけないんですね。

そのため、楽天銀行スーパーローンでも、自宅に電話したり郵便物を送ったりする…ということはめったにないのです。
あるとしたら、よほど問題がある遅延・延滞を繰り返した場合です。

それも、普通の延滞・遅延だったら、自宅への督促電話やハガキなど、まずありません。
自分の携帯にかかってきた督促電話を無視し続けた…というような「常識ではありえない」というような遅延をした場合のみです。

ということで、楽天銀行でも普通に借入・返済している分には、家族や夫・妻に借り入れがバレることはない、と思ってください。

楽天銀行はおまとめローンでの利用もおすすめ

楽天銀行スーパーローンは借金の一本化(おまとめローン)にもよく利用されます。
公式ページでも一番上の帯に大きく「おまとめ可能!」と強調しているので、借金の一本化での審査はかなり通りやすいといえます。

借入可能金額についても、300万円までは収入証明書なしで借りられますし、銀行カードローンなので、当然総量規制の対象外です。
つまり、年収の3分の1まですでに借りている人でも、さらにおまとめ資金として、追加で借り入れできます。

自営業・会社経営者の場合は収入証明書が必要

上にも書いた通り、楽天銀行では「借入限度額300万円」までは、年収証明書の提出が不要となっています。
しかし、個人事業主・法人経営者・自営業…などに入る人は、収入証明書の提出が義務となっています。

収入証明書は確定申告書・納税証明書・課税通知書・所得証明書…など多くの種類がありますが、そのいずれでもOKです。
確定申告書が一番簡単でわかりやすいでしょう。

楽天銀行スーパーローンで借りやすい職業・属性

楽天銀行の審査に通りやすい職業・属性は、一般的な基準と同じです。
雇用形態についていえば、正社員は契約社員・嘱託社員・派遣社員などよりも有利です。

また、公務員は私企業の会社員・OLよりも有利で、年収が少なくても、限度額が大きめに与えられる傾向があります。

楽天銀行で審査に落ちやすい条件

逆に、水商売・農業・林業などの職業で働いている人の場合、楽天銀行でも審査落ちしやすいといえます。
水商売は収入は多いですが、すぐに辞めてしまうことが多いですし、農林業・漁業などは、自然条件に大きく左右されるからです。

また、当然ですがブラックリスト入りしている人など、過去の個人信用情報に問題がある人は、楽天銀行スーパーローンでも、かなりの確率で審査落ちします。
そういう人の場合、独自審査の業者など「審査が甘い・緩い」と言われる業者で、申し込みするしか、ないかもしれません(おすすめはしませんが)。

お申し込み窓口はこちら

PAGE TOP