銀行カードローンの増額審査に通る方法とは?

amount

銀行カードローンの増額申請のタイミングが増額審査の合格に直結!

銀行カードローンでは申請すれば限度額の増額が可能ですが、申請時期が合否に大きく影響することもあります。ここではどのようなタイミングで申請すると合格しやすいかを説明します。

増額申請は銀行からの増額案内をもらってからがベスト

限度額の増額申請は、銀行からの増額案内をもらって申請する場合と案内なしに増額する場合に分かれます。もし申請を急がないなら増額案内をもらって申請したほうが合格しやすいです。

増額案内は、「増額できる可能性があるので申請を検討してください」という連絡で携帯電話やメールに入るものです。つまり、増額案内は、銀行側の判断に基づいた「増額させてもよい顧客」という仮の判定がでた結果といえるのです。

一方、増額案内なしに自分の判断で申請した場合、銀行の事前調査なしに審査を受けることになるので落ちる確率が案内を受け取った場合と比べて高くなりやすいわけです。

つまり銀行からの増額案内をもらった時が申請のベストタイミングということになります。ただし、増額案内をもらって申請した場合でも審査に落ちることはあります。

増額案内なしで申請するなら半年程度の利用期間を経てから

利用者の任意で増額申請できるローンは多いですが、限度額決定後からの利用期間が短いと審査対象から外れ否決されるので、半年程度の利用期間を待って申請するのが良いでしょう。

ローンが限度額の増額を決めるためには、もっと貸してもよい顧客かどうかを確かめるための情報が必要となりますが、その収集期間が短すぎると十分な情報量を得ることが難しいですね。

そのため一般的に限度額の決定後から半年程度の利用期間が必要といわれているのです。もちろん銀行や利用者によって必要な期間が異なりますが、半年程度を目安として考えておくとよいのではないでしょうか。

また、三菱UFJ銀行のマイカードプラスのように「6か月の経過後」と増額申請の時期を明確に示しているローンもあるので、それに従って申請を検討してください。

増額審査の申請の適切な利用実績とは?

増額申請では利用実績が審査の合否に直結するといわれています。つまり、増額してもよいと判断できるだけの利用がある、ということが求められるわけです。その適切な利用実績としては、

  • 適度に借り入れている
  • 着実に返済している

などの点が重要になります。

よく銀行カードローンを借りているから増額が必要と判断される

増額審査に合格するには、現在の限度額をローン事業者が増額したほうがよいと思えるほどの「利用者がよく借りている」という実績が必要だといわれています。

ローン事業者は貸し付けたお金の利息を収益にする仕事なので、ローンからお金をよく借りてくれる利用者が優良顧客になります。そして、よく借りてくれる方には限度額を増額させたほうが事業者としては儲かるわけですね。

お金をあまり借りない、借りた実績がないお客の限度額をアップさせてもローン事業者には意味がなく手間とコストがかかるだけなので、利用実績が重視されるのです。

どの程度借りればよいかについては利用者や銀行の状況により異なりますが、現在の限度額いっぱいまでは借りる必要はないかもしれません。たとえ限度額の半分程度の金額であっても「借りては返済する」を繰り返しているなら優良顧客として見られることもあるでしょう。

銀行カードローンを借りたら返済を着実に行う

先ほどのようによく借りる顧客であっても返済期日を忘れて度々返済遅延を繰り返しているようでは信用力が落ちてしまうので、借入金の返済は遅れることなく確実に行いましょう。

銀行としては借入金が回収できなければ事業として成り立たないので、利用者の信用力を重視します。そのため利用者の返済状況は常にモリタリングされ返済遅延がないか確認されているわけです。

返済遅延を度々発生させているような利用者の限度額を銀行がアップさせることは貸し倒れのリスクを高めることになるので、その方を増額審査で容易に通すことはないでしょう。

このように増額審査に合格するには適度に借りてしっかり返しているという実績が重要になるということを忘れないようにしたいですね。

増額審査に通過するには信用力と返済能力の維持向上が必須

増額審査に合格する確率を高めるには、信用力と返済能力の維持向上が欠かせません。ここではこの2点を説明します。

他の信用取引で事故を起こさない

クレジットカードでの分割払いなどカードローン以外の信用取引で長期滞納などの信用事故を起こすと増額審査にパスできません。

増額申請を受けると銀行は、契約時と同様に申請者の信用情報を信用情報機関に照会し信用状況を確認します。

つまり、銀行は自社ローンの返済状況だけでなく他の信用取引での利用や返済の状況を確認し査定するわけです。

もしクレジットカードの支払いで長期滞納などがあれば、増額審査にパスするのが難しくなるどころか、内容によっては逆に限度額の削減や利用停止といった措置が取られることもあるのです。

携帯電話本体の分割払いなどでも長期に滞納すればその記録が登録され増額審査に影響するので注意しておきましょう。

収入アップも増額審査の合格の決め手になる

年収がアップしたり、より安定した仕事に就いたりした場合、増額審査での評価が上がり合格しやすくなることもあります。

ローン事業者が今以上に多くお金を貸せるかを判断する材料として、利用者の収入や仕事が重視されています。

その理由は、収入が多ければその分だけ毎月の返済に充てる金額も増やせるからです。また、安定した仕事や勤務形態になれば収入は安定して返済も安定して行いやすくなるからです。

利用者がそうした状況にあるなら増額のチャンスなので増額の案内を待たずに申請しても合格できる可能性は十分にあるでしょう。

収入のアップの例としては、

  • 昇進、昇格や資格の取得などで給料が上がり年収が増加した
  • 中小企業から大企業や公務員に転職して年収が増加した
  • 非正規社員から正規社員に登用され勤務が安定し給料も増加した

などが該当するので、心当たりのある方は増額を考えてもよいかもしれませんね。ただし、転職して間がない時期での申請は逆にマイナス評価になることもあるので、転職後1年以内での増額申請は慎重に考えたほうがよいでしょう。

高い金利で借りているなら、他社へのおまとめもふくめた検討を

カードローンの金利は、借入額が少ないと金利が高くなる傾向があります。借入額の増額をご希望であれば、より金利が有利な他社に増額を含めた審査をしてもらうというのも一つの手です。審査時におまとめ、借り換えの旨を伝えれば審査時にそういったことも考慮されるかと思います。


銀行カードローンの限度額は一度決定されたらそのままではなく、利用者の状況に応じて増減されるものです。限度額のアップのためには、適切な時期に申請する、適度に借り入れ確実に返済する、信用事故を起こさない、収入を少しでも安定・アップさせる、ことが合格の決め手になるので忘れないでほしいですね。

おすすめ借り換えランキング

楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローン

  • 最短即日融資
  • 土日振込可能
  • アルバイト※
  • 電話確認なし
  • 主婦
  • 無利息期間
※安定した収入のある方。
お申し込み窓口はこちら
審査時間 最短で当日中
職場連絡 あり(少額の場合無しの場合あり)
専業主婦
土日の振込 楽天銀行の口座なら24時間対応
お申し込み窓口はこちら

PAGE TOP