新生銀行カードローン レイク

新生銀行カードローン レイク

  • 最短即日融資
  • 土日振込可能
  • アルバイト※
  • 電話確認なし
  • 主婦
  • 30日間無利息
※安定した収入がある方 お申し込み窓口はこちら
審査難易度 通常
審査時間 申込み完了画面に表示
職場連絡 あり(勤務先に電話確認)
専業主婦 不可(配偶者の収入次第では可能性あり)
土日の振込 なし
実質金利 4.5%~18.0% 限度額 500万円
保証人 不要 総量規制 対象外
申込資格 満20歳〜70歳以下 学生 OK(アルバイトで安定収入がある場合)

銀行カードローンで一番即日借り入れしやすい

即日融資に関して、銀行カードローンで一番強いのは新生銀行カードローン・レイク。
審査にかかる時間も「最短30分」と、一番早くなっていて、審査受付の時間も、毎日21時までと、やはり一番長くなっています。

そして何より、審査の通りやすさ。
銀行カードローンの中で、レイクは一番審査通過率が高いため、「ただ即日審査できる」だけでなく「実際に審査に通る」わけです。

このように「審査時間」「受付時間」「審査通過率」の三拍子が揃っているので、銀行カードローンの中で、レイクが一番即日借り入れしやすい、というわけですね。

審査申込みは、20時までにすれば当日借入OK

レイクの即日審査は21時までやっていますが、申し込みは20時までにしましょう。
21時までが「当日審査の回答時間」となっているので、その1時間前には、ネットや無人契約機から申し込むようにします。

これは平日だけでなく土日・祝日でも同じ。
また、レイクは年末年始でも大晦日や元旦以外は通常通り営業しているので、年末年始でもこの時間で即日審査してもらうことができます。

自動契約機の審査時間に注意

新生銀行カードローン・レイクの即日審査で注意すべきこと。
それは「自動契約機の営業時間と、審査時間のズレ」です。

レイクの自動契約機は、平日は24時まで営業しています。
店舗によっては24時までではなく「24時間」という、コンビニのような態勢で営業しているものもあります。

ただ、これらは「24時まで即日審査」とか「深夜でも当日審査」できるわけではありません。
あくまで「動いているだけ」です。

審査自体は20時までに申し込みしないと、当日中には結果が出ません。
翌営業日に持ち越されるので、注意してください。

何のために、ローン契約機が長時間動いているのか

上のように書くと「レイクのローン契約機は、何でそんなに長時間動いているのか。審査もできないのに」と思われるかも知れません。
これは「ローンカードを発行する」ためです。

ローン契約機の機能は「審査をする」だけでなく「カード発行をする」というのも含まれています。
つまり、レイクで夜間の当日審査を終えた後、24時までカードを発行できるわけですね。

他の消費者金融だと、これが21時~22時で閉まってしまいます。
たとえば20時に申し込みして、21時に審査完了したら、すぐにカード発行しないと間に合わないんですね。

レイクの場合は、このようにギリギリで動く必要がない…ということです。
審査完了したのを見届けて、余裕を持って自動契約機に出かけても、十分カード発行できる…ということですね。

そういう点で、レイクの即日借り入れは、消費者金融と比較しても、カード発行については一番便利です。
まして、銀行カードローンの中では、ダントツといっていいくらい、キャッシングしやすくなっています。

アルバイト・パート・フリーターなら、レイクは借入可能

レイクは、無職・ニート・専業主婦の人以外は、すべて借りられます。
専業主婦というのは、ここでは「パートをしていない」という意味です。

このように「自分の収入がない人」でなければ、レイクでのキャッシングは誰でもOKとなっています。
そのため、フリーターとかアルバイト・パートという職業・属性で、審査で不利になることはないんですね。

まして、会社員・OLの人、あるいは公務員の人などは、まったく問題なく審査に通ります。
もちろん、現時点の与信状況や、過去の個人信用情報などに問題ない、という基礎的な条件は満たす必要がありますが…。

何にせよ「自分の安定収入がある」という人は大体審査に通るので、初めてキャッシングする人も、安心して申し込んでください。

専業主婦は新生銀行カードローン・レイクではNG

先にも書いた通り、無収入の専業主婦の場合は、レイクでは借り入れ不可となっています。
レイクの審査は決して厳しくありませんが「自分の継続収入がある」というのが条件なので、収入がない専業主婦の人では、条件に該当しないのです。

逆にある程度のパート収入があれば、主婦の人でもまったく問題なく借り入れできます。
勤続年数や借入総額・クレジットヒストリーなどにもよりますが、大体月5万円以上、月収があればいいでしょう。

レイクは学生でもキャッシングできる

大学生・大学院生など、学生のキャッシングでも、レイクは問題なく可能です。
年齢が20才を超えていて、アルバイト収入があるなら大丈夫です。

逆にまだ10代・未成年のうちは借り入れ不可です。
大学生であっても、20才になっていない、18才・19才のうちは、レイクでは借りられません。

これはレイクが銀行カードローンだから厳しい…というのではありません。
未成年・10代のキャッシングは、大手の消費者金融でも、中小の貸金業者でもまず不可能なので、理解してください。
(10代でも借りられる街金業者は、大部分がヤミ金です)

年金受給者(年金生活者)でも、レイクは借入可能

年金生活者(年金受給者)の人でも、レイクではキャッシングできます。
年齢条件は20才~70才となっているので、年齢的には問題ありません。

レイク以外の銀行カードローンは、年齢条件が62才~65才までとなっています。
また、消費者金融も69才まで、という業者が多いです。
それと比較すると、レイクは年金生活者の年齢制限については、やや緩いといえるでしょう。

年金以外の収入がないと、審査に通りにくい

ただ、年齢的にはこのように借りやすいものの、年金以外の収入がない年金生活の場合、キャッシングするのは難しいと思ってください。
これはレイクだけでなく、多くのカードローン会社がこういう基準で審査しています。

銀行カードローンは一部「年金以外の収入がなくても借りられる」という銀行がありますが、それでもやはり借りるのは厳しいと思ってください。

レイクは無利息期間が最も充実している

レイクの最大のメリットは「30日間無利息」「5万円まで180日間無利息」という、2つの無利息期間があること。
「初回30日間無利息」だけだったら、他にもいくつかの消費者金融・銀行カードローンがやっています。

しかし、レイクの場合はそれに追加して「5万円まで180日間無利息」のサービスがあるんですね。
これは完全にレイク独自のシステムであり、利子総額を大幅に安くしてくれるものです。

30日間・180日間で完済しなくてもいい

レイクのような無利息期間について、多くの人は勘違いしています。
「この期間内に完済しないと、それまでの分の利息も発生する」というものですね。

しかし、その心配はありません。
最初の1ヶ月・6ヶ月の分の利子は、その後永久に発生しません。

つまり、30日間無利息や180日間無利息を利用した時点で、トータルの利子総額は、必ず他より安くなるのです。
(無利息期間がない業者・銀行より、ということですね)

もちろん、レイクより金利の低い銀行カードローンで借りた場合、数ヶ月したら追いつかれる…というのはあります。
しかし、たとえば消費者金融など、レイクより金利が高いか同じ所であれば、トータルの利子総額の差は、いつまでも残ります。
(だんだんと効果が薄れていく…というのはありますが、差は永久にあります)

というように、無利息期間によって利子総額が安くなる…というのがレイクの大きいメリットと言えるでしょう。

レイクの会社への在籍確認は、回避できない

新生銀行カードローン・レイクのキャッシング審査でも、当然「勤務先への在籍確認」はあります。
そして、これを回避することは、残念ながらできません。

ただ、これはレイクだけでなく多くの銀行カードローンで共通の事実ですが、「状況・条件によっては、電話連絡なしになる」ということもあります。
たとえば少額融資の時、本人のクレジットスコアがかなり高い時、職場が休みの時…などですね。

職場が休みの土日・祝日は、回避しやすい?

特に、土日・祝日に勤務先が休みで「在籍確認できない」という人は多いでしょう。
その場合、レイクの即日審査では「確認電話なし」となることもしばしばあるようです。

あくまで、レイクで申し込みした人々の体験談・口コミによる情報です。
これらのレイクの評判が事実かはわかりません。

ただ、可能性は高いでしょう。
レイクに限らず、このように「やむを得ない条件では、在籍確認を省略する」ということが、銀行カードローンの審査ではよくあるからです。

もちろん、借入希望金額が小さい・本人の返済能力が極めて高いなど「明らかに、誰が見ても在籍確認を省略できる状態」の時だけです。
自分の申し込み条件がそれにあたる…という自信がある場合、レイクでも「電話確認の回避」はできる…かも知れないと思ってください。

銀行カードローンで一番、家族バレが少ない

レイクの審査に関するメリットはまだ多くあり、銀行カードローンの中で、最も「家族に内緒で借りやすい」という点が挙げられます。
理由は、審査が終わった後に「ローンカードが郵送されてくる」のを防げるため。

レイクの場合はローン契約機でカードを発行できるので、郵送で受け取る必要がないのです。
これに対して、他の銀行カードローンはローン契約機がないため、郵送でローンカードを受け取るしかなく、その郵便物によって、家族バレすることがある…ということですね。

レイク以外にも、自動契約機でカード発行できる銀行カードローンは少数あります。
その少数の銀行カードローンと合わせて、レイクは一番「郵便物によって家族バレしにくい」ものの一つ…といえるでしょう。

レイクはおまとめローンの専用コースもあり

レイクは銀行系カードローンにしては珍しく、「おまとめ専用のコース」があります。
「完済応援プラン」(借換プラン)というもので、名前通り乗り換えローンとしても使えますし、おまとめローンとしても使えます。

正式名称は「貸金業法に基づく おまとめローン」というもの。
「貸金業法に基づく」と書かれている通り、貸金業法の「総量規制の例外」が適用され「年収の3分の1以上借りてもいい」となっています。

つまり、すでに年収の3分の1まで借りてしまっている人でも、借金の一本化のための追加融資を受けられる…ということですね。
多重債務で困っている人にとっては、非常に便利なコースです。

完済応援プランの金利は、少々高い

総量規制を超えて借り入れできる…というのはいいことですが、レイクのおまとめローン(完済応援プラン)は、少々高金利なのが難点。
「13.0%~17.0%」という実質年率ですが、下限金利・上限金利ともに、他の銀行カードローンや消費者金融の方が安い…という状態できす。

つまり、まだレイクで借り入れしていない人の場合、特にレイクで借金の一本化をする意味がありません。
しかし、すでに多重債務の中にレイクが入っている人、レイクですでにキャッシングしている人は、借りるメリットがあるでしょう。

すでに審査に通っているので、おまとめローンの審査も早く終わるからです。
あらゆる審査情報をチェック済みなのだから、当然ですね。

レイクでの返済実績が良好なら、さらに有利

さらに、その借金の一本化をする前の、レイクでの返済実績が良かったら、さらに審査に通りやすくなります。
遅れずに返済している、毎月多めに返済している…という場合は、高く評価されるということですね。

こういう場合は、借金の一本化を新生銀行カードローン・レイクでする意味もあるでしょう。
逆に、まだレイクで借りていないという場合は、他の銀行カードローンや消費者金融で借金の一本化をした方がいいかも知れません。

お申し込み窓口はこちら

PAGE TOP