専業主婦がキャッシングをする時は、銀行カードローンで借りなければならない理由

理由の説明

無収入の専業主婦が、キャッシングをする場合、「銀行系カードローン」一択

結論から言うと、無収入の専業主婦がキャッシングで借入を行うには、銀行が提供するカードローン。つまり「銀行系カードローン」からしかほぼ借りることができません。その理由は、下記になります。

2010年6月に施行された「改正貸金業法」によって、キャッシング審査にまつわる制限がかかった

この「改正貸金業法」のポイントをまとめると以下のようになります。

  1. 総量規制の導入
  2. グレーゾーン金利の撤廃
  3. 信用機関への加入の義務化

専業主婦にとって、大きな影響を受ける項目は、「総量規制の導入」です。総量規制とは簡単にいうと、消費者金融からの借入金額の総額を、「年収の三分の一」までしか借りることしかできないという規制です。
無収入の専業主婦の方が借りようとしても、貸金業者(サラ金・消費者金融)で審査する際には、収入が0と評価され、借りられる金額は0となります。

申し込む際に専業主婦であることを隠したり、収入を多めに書いても、信用情報機関に記載されている情報をみて審査を行いますので、バレます。

消費者金融からは借りれないのに、銀行カードローンからはなぜ借りることができるの?

これは、規制している法律が違うから。
先程説明した改正貸金業法は、消費者金融業者を対象にしており、銀行法で制限されている銀行は、総量規制の対象外となります。他にも総量規制の対象外となるローンはありますが、銀行カードローンが安心です。

それでは、専業主婦が銀行系カードローンで借りる際のポイントを解説します。

専業主婦が、銀行系カードローンで借りる時のポイント

専業主婦が、銀行系カードローンで借りる際に必要な内容などの概要は下記になります。

借入に必要な書類はなに? 「住民票」「自分の身分証明書」
即日融資はOK? 「その銀行の口座」があればOK
いくらまで借りれる? 30万円~50万円(銀行により異なる)
何時までに申し込めば即日融資? 遅くとも午前中
夫や家族にバレる? バレないで借りられる

といった条件で借りることができます。

「夫の同意書なし」で借りられる銀行カードローンがおすすめ

上で「必要書類」について「住民票、身分証明書だけ」と書きました。
しかし、本当は「配偶者の同意書」も必要です。
(夫、旦那さんの同意書、ですね)

旦那さんの給料で借りるのだから当然ですが、正直「旦那に相談はしたくない」ですよね。
「夫や家族にバレないで借りたい」というのは、キャッシングをする全ての専業主婦の方の思いです。

なので「配偶者の同意書なしで借りられる」銀行をおすすめします。
楽天銀行イオン銀行、東京スター銀行」で可能です。

「夫にバレないで借りたい」のであれば、選択肢は自然とこの5つの銀行に絞られます。

銀行カードローンでの即日融資には「その銀行の口座」が必要

これは銀行系カードローンの厄介な点ですが、当日中の融資には「その銀行の口座」が必要です。

「その日開設する」では間に合いません。
口座開設には4日~7日かかるからです(キャッシュカードの郵送があるため)。

つまり「もともと、そこの口座がなければアウト」ということですね。
ただ、例外もあって「口座がなくても即日借り入れOKの銀行もあります。

銀行系カードローンでの即日融資なら、三菱UFJ銀行「バンクイック」がオススメ

銀行系カードローンの即日融資なら三菱UFJ銀行「バンクイック」が圧倒的に利便性が高いです。
理由は下の通りです。

  • 土日・祝日でも即日融資可能
  • 夜間でも即日借り入れOK
  • 口座なしでもOK

…という風です。
普通の銀行はすべて、この逆です。

平日夜間は「20:00まで審査受付(通ればそのまま即日融資可能)」というシステムの銀行もあります。
これはもはや「消費者金融に近い」レベルです。

*消費者金融の審査受付は「21:00」まで。

銀行カードローンは「家族にバレにくい」のもメリット

専業主婦の方がキャッシングをする場合「家族にバレたくない」という気持ちが特に強いもの。
キャッシングは誰でも家族にバレたくないものですが、特に無収入の専業主婦の方だと「稼いでいない」という負い目があるのです。

「パート・アルバイトもしてないのに、何でキャッシングしてるんだよ」と思われるのがイヤで、普通の人より家族に内緒で借りたがる…という気持ちは自然です。
専業主婦自体が本来立派な職業なのですが、まだ世間ではそれがあまり認められていない、という現実もあります。

その点、銀行カードローンは家族にバレにくいのでおすすめ。
正確に言うと「書類などが郵送されても、キャッシングだとわかりづらい」のです(銀行なので)。

「キャッシュカード一体型」のカードローンなら、全くわからない

みずほ銀行など大手の銀行カードローンは「キャッシュカード一体型」のカードを発行してくれます。
これは名前通り「普段の貯金の出し入れにも使える」というもの。

つまり、下のような体裁になるんですね。

  • このカードは、普通の貯金の出し入れ用です。
  • しかし、偶然にも「カードローン機能」がついています。

…ということです。
カードローン機能がついていることに気づく人はいませんし、仮に郵送された書類を読んで旦那さんが気づいても「ああ、つけるように勧められたからとりあえず」などと言っておけば大丈夫です。

(実際、銀行ではそういう勧誘がよくあります)

以上、専業主婦の方が銀行カードローンでキャッシングする時のポイントや、おすすめの理由をまとめました。
無収入の専業主婦の方で、キャッシングに興味がある方は、ぜひ参考にしてみてください。

主婦におススメ銀行カードローン

楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローン

  • 最短即日融資
  • 土日振込可能
  • アルバイト※
  • 電話確認なし
  • 主婦
  • 無利息期間
※安定した収入のある方。
お申し込み窓口はこちら
審査時間 最短で即日
職場連絡 あり(少額の場合無しの場合あり)
専業主婦 OK
土日の振込 楽天銀行の口座なら24時間対応
お申し込み窓口はこちら

SMBCモビット

SMBCモビット

  • 最短即日融資
  • 土日振込可能
  • アルバイト※
  • 電話確認なし
  • 主婦
  • 無利息期間
※安定した収入のある方。
お申し込み窓口はこちら
審査時間 10秒簡易審査
職場連絡 なし
主婦 安定した収入がある方
土日の振込 OK(ATMより可能)
お申し込み窓口はこちら

PAGE TOP