銀行カードローンでお金を借りるのが金利が安いって本当なの?


気づく

銀行カードローンなら、すべて消費者金融より低金利なわけではない

キャッシングの世界では、金利を「実質年率」という数字で表します。

銀行カードローン 14%~15%
消費者金融 18%

というのが普通の実質年率です。
(一般的な金額を借りた場合、という意味です)

このように大抵の場合、銀行カードローンの方が安いわけですが、そうでない銀行もあります。
たとえば「じぶん銀行、オリックス銀行」などです。

「じぶん銀行」と「オリックス銀行」の金利は消費者金融並み

この2つの銀行の金利は、消費者金融とほぼ同じです。
それぞれ、下のような実質年率になっています。
(参考として、プロミスと一緒に並べます)

じぶん銀行 3.9%~17.5%
オリックス銀行 3.0%~17.8%
プロミス 4.5%~17.8%

…という風です。
「安い方の金利が違うじゃん」と思われるでしょう。

しかし、この「安い方の金利」というのは、実は意味がないのです。
これは「最大まで借りた場合の金利」だからです。

それぞれの「最大限度額」は下の通りです。

じぶん銀行 500万円
オリックス銀行 800万円
プロミス 500万円

「この金額まで借りないと、最安の金利にはならない」ということですね。
当然、この金額まで借りる人はほとんどいません。

つまり大多数の利用者にとって「安い方の金利」というのは、何の意味もないのです。
「高い方の金利」が大事なんですね。

この金利だけ比べると、じぶん銀行、オリックス銀行はプロミスとほぼ同レベルなのです。
なので、「銀行カードローンだから、すべて金利が安いとは限らない」わけですね。

銀行系カードローンは、金利が安い分、審査が厳しい

たまに「銀行カードローンは審査が甘い」という評判が流れていますが、これは完全な間違い。
「金利が安い」以上、「審査が厳しい」のは当たり前なのです。

「銀行カードローンの審査が甘い」という噂が流れたのは、下のような理由です。

100万円~300万円まで、収入証明書なしで借りられる

消費者金融の場合「50万円以上」で収入証明書が必要です。
しかし、銀行カードローンは「100万円~300万円」まで「収入証明書なし」で融資OKなんですね。

これだけ見ると、確かに借入限度額については、銀行の方が「審査が甘い」と言えます。
(実際、収入証明書を見ていないわけですから)

しかし、それだけ多額のお金を貸す以上、当然銀行側にはリスクがあるのです。
それだけリスクがある融資を「甘い審査」でOKするわけがないんですね。

銀行カードローンの審査は、アコムやプロミスがしている、という事実

これは事実です。
銀行には「個人向けの小口の融資」のノウハウがないので、審査をアコム・プロミスなどの消費者金融に依頼。
(このアコム・プロミスの立場を「保証会社」といいます)

これをある大手WEBサイトが「銀行カードローンの実態は消費者金融。審査はゆるゆる」という内容で記事にしたため、その噂が広まったのです。
しかし、そのWEBサイトはもともと「過激な論調が売り」のメディア。
具体名は出しませんが、もともと芸能人にスキャンダルなどをすっぱ抜くメディアのグループで、「何でも過激に書く」んですね。

だから、そこで「銀行カードローンの審査は甘い」と書かれているのは「話半分に聞くべき」ことなのです。
ただ、そういう情報源を知らない人たちが、次々とWEBで情報を拡散し「銀行カードローンの審査は甘い」という評判が、ひとり歩きしてしまったのです。

…というように、銀行カードローンは基本的に金利が安いのですが、その分審査も厳しいです。
消費者金融の審査通過率が40~49%なのに対し、銀行カードローンは20~30%。
大体「1.5倍~2倍の難易度」ということですね。

といっても「普通の人」であれば大抵審査は通ります。
銀行カードローンでも消費者金融でも「審査が厳しい」というのは、あくまで「すでに借り入れがある人」や「年収が少ない」という人のみ。

一般的な生活をしている方なら、銀行カードローンの審査は問題なく通るので、安心してください。

おすすめ銀行カードローン

楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローン

  • 最短即日融資
  • 土日振込可能
  • アルバイト※
  • 電話確認なし
  • 主婦
  • 無利息期間
※安定した収入のある方。
お申し込み窓口はこちら
審査時間 最短で即日
職場連絡 あり(少額の場合無しの場合あり)
専業主婦 OK
土日の振込 楽天銀行の口座なら24時間対応
お申し込み窓口はこちら

PAGE TOP