キャッシングしたいけど、銀行系カードローンは即日審査をして即日融資が可能?

キャッシングしたい

銀行系カードローンは、即日融資を希望なら、自分の口座がある銀行で申込を!もしくは楽天銀行

「口座がなければ即日融資」できない、というのはどの銀行系カードローンでも同じ。
なので、即日融資をして欲しいなら、迷わず「自分の口座がある銀行で」申し込みます。

どの銀行もカードローンを取り扱っていることが多いので、自分が持っている口座がある銀行の
カードローンがあるかどうか確認してみましょう。

お持ちの口座の銀行が、カードローンを取り扱っていなかったり、何かしらの理由でいつもの
銀行への申し込みをしたくない場合、口座を持っていなくても借りられる銀行カードローンを選びましょう。

具体的には、楽天銀行を選びましょう。理由は「口座なしでもOK」だからです。

他の銀行の場合、口座がなければ「口座開設から」始めます。
このために4日~7日必要。「その場での発行」はできないのです。

理由は「キャッシュカードの郵送」があるため。
これは「その住所に本当に住んでいることを確認する」ためもあるので、省略できないんですね。


銀行カードローンを申し込む口座がある場合も「申し込みの時間」に注意

当然ですが、キャッシングの審査には時間がかかります。
「最短40分」などと言われていますが、大抵数時間かかります。

なので「即日審査」をしても、それは「即日、審査を開始する」という意味であり「絶対に、即日終わる」というわけではないのです。
(当然ですが)

そのため、審査の時間も考慮して、「早めに申し込む」ことが必要。
具体的には「午前中」です。
それも11時過ぎるとギリギリ。できれば10時までに申し込みしましょう。

多くのサイトで「正午がギリギリ」と書いていますし、私も以前はそう思っていました。
(事実、それで間に合ったことがありました)

しかし、やはり念のため「10時くらい」で考えておくべきです。
月末や年末など、キャッシングが多い時期には審査も混み合いますし、銀行の審査部で、たまたま事情があって動ける人が少ない…という時もあるからです。
(インフルエンザとか)

なので「絶対にその日中に借りたい」という場合、銀行カードローンでは午前10時くらいには、申し込むようにしましょう。
(もちろん、前日が理想ですが)

銀行カードローンの即日審査の一番の壁は「職場への在籍確認」

銀行カードローンの審査では「職場への在籍確認」が必須です。
銀行があなたの職場に電話する、ということですね。

電話確認が不要なことがある消費者金融と比べると、
銀行系カードローンの審査では、在籍確認が必須です。

ということは、即日審査してもらうためには「職場が開いている日時」に申し込むことが必要。
これは意外と盲点なので気をつけてください。

「キャッシングの審査では在籍確認がある」というのを知らなかった人が、「即日審査」という文字だけを見て土日・祝日に申し込み、即日審査を受けられなくて困った…という体験談はよくあります。


以上、銀行カードローンのキャッシングの即日審査についてまとめました。
特に在籍確認など「知らないと、思わぬ落とし穴」になるポイントもあるので、ぜひ注意してください(知っていれば大丈夫です)。

おすすめの銀行カードローン

楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローン

  • 最短即日融資
  • 土日振込可能
  • アルバイト※
  • 電話確認なし
  • 主婦
  • 無利息期間
※安定した収入のある方。
お申し込み窓口はこちら
審査時間 最短で当日中
職場連絡 あり(少額の場合無しの場合あり)
専業主婦
土日の振込 楽天銀行の口座なら24時間対応
お申し込み窓口はこちら

三菱UFJ銀行カードローン バンクイック

三菱UFJ銀行カードローン バンクイック

  • 最短即日融資
  • 土日振込可能
  • アルバイト※
  • 電話確認なし
  • 主婦
  • 無利息期間
※安定した収入のある方。
お申し込み窓口はこちら
審査時間 -
職場連絡 あり(状況・条件によっては無し)
専業主婦
土日の振込 振り込み可能
お申し込み窓口はこちら

PAGE TOP