消費者金融のおまとめローンとは?


間違っている

貸金業法に基づく消費者金融のおまとめローンは総量規制の例外

多数の借入先から多額の借金をして返済に困窮されている方の救済を目的とした貸金業法に基づくおまとめローンの概要をここで紹介します。

貸金業法に基づく消費者金融のおまとめローンの特徴

この、貸金業法に基づく消費者金融のおまとめローンの特徴は、

  • 貸金業法施行規則第10条の23第1項第1号や1号の2に基づくローンで、総量規制の例外貸付が可能となる
  • 計画的な返済、債務の段階的現象を目的とする
  • 借り換えの対象となる債務が限定される(されないケースもある)
  • 返済専用のローンである

などが挙げられます。つまり、おまとめローンの内容は貸金業者からの債務を対象としてその計画的な返済を支援するために総量規制の年収制限以上の貸付もできる返済専用ローンといえるでしょう。

貸金業法に基づくおまとめローンが必要な理由

多重債務者が借金を借り換えるには多額の借入金が必要になってきますが、貸金業者に借り換える場合総量規制で必要な資金を確保できないケースも生じます。貸金業法ではそれを回避できる総量規制の例外が設けられており、それに該当するのがこのおまとめローンなのです。

金利の高いローンから金利の低いローンへ借り換えれば、利息や毎月の返済が軽減され、返済が楽になります。しかし、総量規制では貸金業者が利用者の年収の3分の1を超えて融資することを禁止しているので、貸金業者の通常ローンでは融資ができないケースも生じやすくなります。

そうした背景のもとに総量規制の例外の貸付が可能な消費者金融などのおまとめローンが登場してきたというわけです。

銀行カードローンでは借り換えが難しい多重債務者でも消費者金融のおまとめなら審査に通りやすくなるので、現実的な借金返済の道が広がるのではないでしょうか。

消費者金融のおまとめローンは、より返済が進みやすい

貸金業法に基づくおまとめローンが着実な借金の返済に役立つ点を説明します。

借り入れができない返済専門のローンになっている

貸金業法施行規則第10条の23第1項第1号は「債務を既に負担している個人顧客が当該債務を弁済するために必要な資金の貸付けに係る契約」に関する条文で、これに該当する消費者金融のおまとめローンは返済専用になります。

多重債務で返済が困難になる理由は、借金を完済せず借りては返すことを繰り返しているうちに借入先が複数になるとともに借入残高が多額になってしまうことが原因だと考えられています。

つまり、多重債務の厳しい状態を脱するためには新たな借り入れをストップして返済することが最も有効な方法ということになるわけです。

こうした理由で弁済に必要な資金のみの融資を目的としたおまとめローンが登場しているのです。

以前のローンより毎月の返済額や利息の支払いが楽になり段階的に返済できる

貸金業法施行規則第10条の23第1項第1号の2には「当該貸付けに係る契約に基づく定期の返済により、当該貸付けの残高が段階的に減少することが見込まれること」が規定されており、それがローンの貸付条件となるので、返済が着実に進みやすいのです。

月1回の返済日や返済額を契約により決めるので返済の柔軟性はやや失われるものの確実な返済が実行されやすくなります。もちろん余裕のある月などは任意に返済することが可能なケースもあるので、実行すればさらに完済が早まりますね。

また、段階的に債務を減少させるために新たな借り入れができないことになるので、債務は計画的かつ確実に減少しやすくなるわけです。

借り換えの対象となる債務の大半は貸金業者からの債務

消費者金融のおまとめローンのほとんどは貸金業法施行規則第10条の23第1項第1号の2に基づくローンであるため、借り換えの対象となる債務は貸金業者からのものに限定されています。つまり、銀行カードローンからの借金などは対象外になるので注意しましょう。

この条文で規定される借り換えの対象となる債務は、貸金業者或いはみなし貸金業者からのものになるので、住宅ローン、車ローン、銀行カードローンやクレジットカードのショッピングなどの債務は対象外となります。一方、クレジットカードのキャッシングによる債務は対象となります。

このように融資商品によっては対象となるものと対象外のものがあるので、すべての債務を一本化することはできません。

特に銀行カードローンは勘違いしやすいですが、これを含めておまとめすることはできないので覚えておきたいですね。

銀行カードローンでおまとめしたほうが得なケースは多い

銀行カードローンは総量規制の対象外なので年収制限を受けず銀行の判断で多額の融資が可能です。また、金利が低く融資限度額も大きいのでおまとめローンとしては消費者金融のものよりも最適なので、利用できるなら銀行カードローンはおススメでしょう。

例えば、借り換えとして必要な200万円を消費者金融のおまとめで借りる場合、金利は12~15%程度になるケースが少なくありません。一方、銀行カードローンの場合の金利は10~12%が期待できます。

実際の金利はローン会社と申込者の状況によって異なりますが、消費者金融と銀行での金利差は3%ほど開くことは珍しくないでしょう。

銀行カードローンは審査が消費者金融よりも厳しいという面はありますが、おまとめローンの選定では当然検討の中に入れておきたいですね。

以上のように貸金業法に基づく消費者金融のおまとめローンは、返済専門で計画的、段階的に返済するためのローンなので着実に債務を減少させるでしょう。また、総量規制の例外となるので年収制限を超えた借り入れが可能なので多額の借り換えにも対応できます。銀行カードローンの利用が難しい場合には特に利用したい融資商品ではないでしょうか。

おすすめおまとめローン

アイフル

アイフル

  • 最短即日融資
  • 土日振込可能
  • アルバイト※
  • 電話確認なし
  • 主婦
  • 無利息期間
※安定した収入のある方。
お申し込み窓口はこちら
審査時間 最短30分
職場連絡 あり
専業主婦 不可
土日の振込 不可
お申し込み窓口はこちら

PAGE TOP