おまとめローンに関するオリックス銀行カードローンの特徴

オリックス

オリックス銀行カードローンの特徴1.「おまとめ・借り換えOK」と明記されている

実は、こういう銀行カードローンは少ないのです。
オリックス銀行以外では「楽天銀行」「イオン銀行」「東京スター銀行」などごく一部の銀行のみです。

大手でなく地方銀行や信用金庫の場合は、はっきり「おまとめローン」という名前をつけて、専用のコースを用意していることも多いです。
しかし、オリックス銀行のような大手では少数派。

そして「おまとめ・借り換えOK」と明記しているということは、多重債務者の方への理解もある、ということ。
つまり「審査に通りやすい」ということです。

「審査が甘い」とか「審査が緩い」というわけではありませんが「理解がある」だけでも、審査に通りやすくなるわけです。

オリックス銀行カードローンの特徴2.「300万円」まで収入証明書不要で借りられる

おまとめローンでは、大体100万円~300万円ほど必要になるもの。
三菱UFJ銀行など多くの銀行は「50万円超は収入証明書が必要」ですが、オリックス銀行は「300万円まで、なしでOK」。

もちろん、収入証明書を提出すれば、三菱UFJ銀行などでも問題はありません。
ただ「源泉徴収票をもらったのが大分前だから、どこにあるかわからない」「急いでいるから、少しでも審査が楽な方がいい」ということもあるでしょう。

そのような時、300万円まで収入証明書なしで借りられる、オリックス銀行は便利なわけです。

オリックス銀行カードローンの特徴3.最高限度額が800万円と大きい

おまとめローンでは、500万円以上必要になることもよくあります。
多重債務者の方の平均借り入れ金額は「480万~1140万」なのです。

「平均なのに、何で幅があるのか?」と思われるかも知れません。
これは、全部同じ東京都の「多重債務110番」の調査結果ですが、2008年~2014年の間の結果が、「毎年全然違う」のです。

2008年は「平均480万円」だったのに、2014年は「平均1140万円」だったんですね。
このように、年度によって平均値も大きくばらつくのですが、確かなことは、「本格的な多重債務者の方は、500万円は必要」ということ。

そのため、もし借りられるなら、オリックス銀行の「最大限度額800万円」というのは、多重債務者の方にとってもありがたい数字なんですね。

…ただ、このレベルまで借金が膨れた方だと、オリックス銀行でも借りられるかどうかわかりません。
おまとめローンの審査は、むしろ普通のカードローンの審査よりも厳しいですから…。

オリックス銀行カードローンの特徴4.下限金利が「3.0%」と、業界最安水準の低金利

オリックス銀行の金利は、実質年率で「3.0%~17.8%」。
高い方の「17.8%」はプロミスと同じなので、これは安くありません(むしろ、若干高いです)。

これに対して、下限金利の「3.0%」は、すべての銀行カードローンの中でも特に安いレベル。
(これより安いのは、住信SBIネット銀行くらいです)

借りる金額が大きいほど、この下限金利に近づくのですが「特に大量に借入残高がある」場合、オリックス銀行では特に低金利で借りられるでしょう。

逆に言えば「借入残高がそれほど大きくない」場合は、他の銀行カードローン(イオン銀行、みずほ銀行など)の方が安いです。

以上、オリックス銀行カードローンがおまとめローンとしても評判である理由をまとめました。
もう一度、評判の理由をまとめると、下の通りです。

  1. 「おまとめローン・借り換えローンOK」と明記している
  2. 収入証明書の提出なしでも、300万円まで借りられる
  3. 最大で800万円まで借りられるので、多額のおまとめでも使える
  4. 金利が業界最安レベル(借入金額が大きい場合)

…ということです。


「おまとめ・借り換えOK」と明記していることで、比較的審査に通りやすいと思われるオリックス銀行ですが、より審査に通りやすくするため、借入残高を減らしてから申し込むなどの工夫をしましょう。