旦那名義のローンは妻も審査対象になる?


審査中

妻が旦那名義の住宅ローンの「連帯保証人」になるケース

たまにあるのが、下のようなケースです。

  • 住宅ローン…夫単独の名義で申し込む
  • 住宅と土地の名義…夫婦で共同

…というものです。つまり、

「ローンは俺が払うよ。でも、家や土地は二人のものだから、二人の名義にしておこう」

というものですね。
とてもやさしい旦那さんですし、実際、この方がいい場合は多いです。

しかし、土地の名義に参加していると、自動的に連帯保証人になってしまう

上のやり方の問題は、妻が「自動的に連帯保証人になる」ということ。

「自分名義の土地を差し出している」住宅の建設。
その建設のローンに「土地の持ち主が連帯保証人にならない」というのはあり得ないからです。

強制ではなくあくまで「本人の同意によって」ですが、同意しないとローンは組めません。

というわけで、上のように「妻も土地の名義人である」場合、妻の借金が影響します。
解決策は「自宅も土地も、夫単独の名義にしてしまう」ということ。

これだったら奥さんがキャッシングやクレジットカードでどんな借金をしていても、まったく影響ありません。
(すべて「夫が一人でやっている」という形式ですから)

夫のローンの審査で、妻の信用情報をチェックするのはルール違反

個人信用情報というのは、とてもプライベートな情報。
なので、いくらキャッシング会社や銀行でも、勝手にチェックしていいわけではありません。

(だから、JICCやCICといった第三者の組織が管理しています)

妻が「連帯保証人」になっているなら話は別ですが、夫単独のローンだったら、「夫本人の信用情報しか、チェックしてはいけない」んですね。
妻の情報まで業者が見るのは、ルール違反なのです。

なので、繰り返しますが「連帯保証人にならない限り」、妻の借金はまったく影響しません。
キャッシングだろうとクレジットカードのリボ払いだろうと、自動車ローンだろうと、何も影響しません。

しかし、同じ銀行・業者でローンを組む場合は別

ここまで書いたのは、あくまで「妻の借入先とは、別の銀行・業者で借りる」という場合。
もし「同じ所」で借りるなら話は別です。

同じ会社内・銀行内なら、信用情報機関の情報と違い、社内で自由に閲覧し、審査の対象にできます。
そのため、妻のこれまでの返済履歴などを調べて、それが夫のローン審査に影響する…ということも当然あり得ます。

ただ、これも絶対にそうなるわけではありません。
まず、「AさんとBさんは夫婦である」というのを、向こうが知っている必要があります。

夫が組むローンで、妻の名前や生年月日まで書くような欄があれば影響しますが、保証人などにならなければ、普通は書かないはずです。
つまり「同じ銀行から妻が借りている」のに、銀行がそれに気づかない…ということもあり得るわけですね。

気づく可能性が高いのは「住所」。
夫の住所をチェックしている時、「おや、同じ住所の女性が、うちのカードローンから借りているぞ」と気づく可能性は高いです。

なので、夫が同居している場合「同じ銀行でローンを組む」なら多少影響するでしょう。
しかし、これも「夫が単身赴任している」などのケースでは、おそらく大丈夫です(住所が違うので)。

夫名義のローンに影響はしないが、多額の借金だったら相談を

ここまで書いた通り、夫の名義で住宅ローンなどを組む場合、妻のキャッシングなどは審査に影響しません。

しかし、債務整理寸前とか、かなり危険なレベルの借金だった場合、当然相談するべきです。
住宅ローンの審査うんぬんの問題ではなく、単純に「相談しないと破産の危険がある」からです。

借金は、隠していると返済しにくいもの。
特に主婦の方の場合、アルバイトを始める場合も理由が必要ですし、「何でそんなにお金が必要なの?」と言われて、パートに出られないことも多いでしょう

また、周りはお金がないのを知らないので、結婚式などにも招待してきます。
当然好意からですが、こういう出費で人は破産していくのです。

なので、多重債務を抱えている場合、必ず「周りにそれを伝えておく」ことが大事なんですね。
旦那さんのローンの審査を抜きにして、まずはそれを意識してください(多重債務の主婦の方は)。