高い金利のカードローンの借入は、低金利なおまとめローンや借り換えをしよう

まとめ

少額を複数のカードローン業者から借りていると、金利が高くなる

カードローンでもクレジットカードでも「たくさん借りるほど」金利は安くなります。
逆に言えば「借入金額が小さいと」金利が高くなるということ。

「借入金額が小さいのは、いいことだろ?」と思うかも知れません。
もちろん、その通りです。

しかし「たくさんの会社から」小さい金額を借りているなら、話は別。
これを一つにまとめて「1ヶ所からたくさん」にしたら金利が安くなるのに、わざわざバラバラに借りているのです。

そして、それぞれの会社で「高い金利」を払っているわけですね。
明らかに損をしている、というのは言うまでもないでしょう。

複数のカードローン業者から借入をしていると、返済の手間と手数料が増えるので、おまとめローンで一つにまとめよう

特にカードローンの場合、毎月の返済を、多くの人はATMで直接しています。
理由は「明細が自宅に郵送されないようにするため」。
口座から自動引落にすると、自宅に明細が郵送されてしまうのです。

ATMで返済すると、その場で明細が発行されるので、自宅に郵送されません。
そのため、カードローン利用者で、複数社から借りている人は、「毎月それぞれの返済を、ATMで直接」しているわけです。

これは当然時間のロスです。
また、ATMによっては手数料もかかるので、それもロスしています。

5件から借りていて、それぞれ毎月200円の手数料を払ったとしたら、それだけで月1000円。
1年払い続けたら1万2000円です。

目の前に1万2000円があって、それを奪われたら誰だって嫌がるのに、こうやって「少しずつロスする」分には、誰も何とも思わないんですね。
(こういう小さな出費がつもりつもって、普通の人々はお金が貯まらないようになっているのです)

カードローンの借入額や支出などを正確に把握しないと、さらに出費が増える

お金が貯まる人と貯まらない人の違いは「出費を正確に把握しているかどうか」です。
「そんな簡単なこと」と思われるかも知れませんが、この簡単なことで、両者の差がついています。

特にカードローンやクレジットカードで借入をするような方の場合、自分の出費を全然把握していません。
「何となくこのくらい」というイメージは持っていますが、実際に家計簿をつけてチェックしているわけではありません。

借入が複数あって、それぞれで利息を払っていると、出費の把握はどんどん困難になっていきます。
把握できないから、更にムダな買い物をしてしまう。
ムダな買い物をするから、借入がさらに増えて、さらに把握しづらくなる…という悪循環に陥っているのです。

消費者金融から銀行カードローンに借り換えすると、どれだけ得するか

借入残高が小さい方だと「おまとめローン(借入まとめ)しても、別にそれほど金利が変わらない」ということもあるでしょう。
その場合は「おまとめローン(借入まとめ)」より「借り換え」が効果的。

消費者金融から銀行カードローンに借り換えると、これだけでも大幅に金利が安くなります。
たとえば100万円を1ヶ月借りた場合、それぞれの利子は下の通り。

消費者金融 1万5000円
銀行カードローン 1万2000円

毎月3000円ということは、年間で3万6000円、利子が減るということ。
借入が50万円だったらこの半分ですが、それでも「年間1万8000円」の違いです。

50万円程度だと、普通は借入まとめはしませんが、そのくらいの小さい金額でも「借り換え」ならこれだけ金利が変わるわけです。

なので「私はそんなに借りてないから、借入まとめはしなくていいです」と思っている方も、借り換えは検討すべきでしょう。
すでに銀行カードローンのような低金利の所だけで借りているならいいですが、消費者金融のような金利の高い所で借りているなら、それは明らかに損です。

おまとめローン(借入まとめ)に限らず、お金に関する情報を避けたり、改善を怠ったりすると、何かにつけて損をします。
日本人はお金の話に抵抗を持つ性質がありますが、まずその性質から抜け出すようにしましょう。

おすすめおまとめローン

楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローン

  • 最短即日融資
  • 土日振込可能
  • アルバイト※
  • 電話確認なし
  • 主婦
  • 無利息期間
※安定した収入のある方。
お申し込み窓口はこちら
審査時間 最短で当日中
職場連絡 あり(少額の場合無しの場合あり)
専業主婦
土日の振込 楽天銀行の口座なら24時間対応
お申し込み窓口はこちら

PAGE TOP