返済忘れによる返済遅れは今後のキャッシング審査への影響はある?

驚く

キャッシングの返済忘れ(遅延・延滞)は、どのくらいから記録される?

これは、実はケース・バイ・ケースです。「61日以上から」と言われていますが、それは「公式には、そうなっている」というだけのこと。

JICCやCICなどの個人信用情報機関は、確かに「延滞の情報が記録されるのは、61日以上から」と書いています。
しかし、実際に業界で働いていた方によれば、これは「建前」だそうです。

別にウソというわけではなく「実際にどのくらいで記録するかは、その人による」とのこと。つまり、

信用できる利用者 すぐには記録しない
信用できない利用者 すぐに記録する

ということです。では、この信用はどこで分かれるのでしょうか?

キャッシングの返済忘れによる返済遅れの連絡がなかった場合は、記録されやすい

基本的に「普通の人付き合いで、信用されるかどうか」で考えればわかりやすいです。

たとえば返済日までに返せなさそうな場合、事前に電話する。
これだけでも業者・銀行の印象はグッとよくなります。

信用情報という名前通り、信用できるかどうかを様々な角度でキャッシング業者は判断します。
無断で音沙汰ない状態で返済が滞るのと、あらかじめ返済が伸びる旨を伝えた上での延滞だと
あなたへの信用度が大きく変わります。

実際、私もクレジットカードの利息が払えない時に何度かやりましたが、「連絡なしだとすぐ停止」になるのに「連絡すると、数日停止されない」ということがありました。

このようにキャッシング業者への「事前連絡一つ」でも、その返済忘れが記録されるかどうかが違ってきます。

借入残高が大きい返済忘れも、信用情報に記録されやすい

当然ですが、5万円の返済を忘れても、別に大したことはありません。
利息は消費者金融の金利でも「月750円」です。

しかし、これが100万円だったら、利息は「月1万5000円」。
返済が滞った場合、キャッシング業者は100万円の元本を回収できるかどうか不安になり、
早期に信用情報に記載がされることとなります。

キャッシングの延滞金が数万円程度であれば、ほかの借り入れした人の利子ですぐカバーできますが、数百万だと回収するのは長期にわたりそうですね。

このように借入残高が大きい場合の延滞は、当然記録されやすくなります。
同じ日数・回数でも「金額による違い」があるわけですね。

契約期間が短いキャッシング業者ほど、信用情報に延滞が記録されやすい

キャッシング業者と、長年の付き合いがあれば、

「この人はたまに遅延しても、継続して返済してくれている」
「長い間、我が社に利益をもたらしてくれている」
「この人なら、信用できる」

という信頼が生まれます。
多少遅れても「まあ、うちを儲けさせてくれてるから、多めに見るか」となります。

もちろん、契約期間が長いほど「累計の遅延の回数」は増えるかも知れません。
単純に「累計の回数」で判断する業者・銀行の場合、契約期間が長いことは、マイナスになる可能性もあります。

ただ、基本的には契約期間が長いことは、キャッシングの世界では常にプラスに働きます。
(キャッシング以外の世界でも、ですが)

なので、キャッシング業者との契約期間が長いほど、遅延もすぐには記録されない、と考えていいでしょう。

返済遅れによる返済忘れをした場合のキャッシングの利子はどうなるのか?

キャッシングの返済に遅れると、遅れた日数分「遅延利率」という高い金利が適用されます。
消費者金融の場合は、どこも「年率20%」です。

普段が「年率18%」なので、それより「約1割高い」金利ですね。
で、この計算で発生する金利を「遅延損害金」といいます。

この遅延損害金ですが、金額にしたら大したことありません。
借入金額にもよりますが、せいぜい数十円レベルです。

(1ヶ月など長期間遅れた場合、もっと大きくなりますが)

問題は遅延損害金の金額ではなく「信用情報にキズが残る」ということ。
ここまで書いたように、「61日未満」の遅延・延滞でも、十分記録される可能性があります。

信用情報に延滞情報が記録されると、今後のキャッシングローン審査に影響が出るか?

これは当然出ます。
銀行の住宅ローンなどのその他のローンにも影響が出ます。

住宅ローンなどの審査は「全国銀行個人信用情報センター」という信用情報機関の情報が特に影響します。

普通のキャッシングの遅延は大体「JICC」か「CIC」で記録されますが、全国銀行個人信用情報センターもその情報を共有していることはあります。
(その遅延のレベルによりますが)

なので、軽度の遅延なら問題ないことが多いですが、一定レベルを超えた遅延だと、住宅ローンなどの審査にも影響するでしょう。


もちろん、消費者金融や銀行のカードローンの審査なら、確実に影響します。

身近なところだと、携帯電話の割賦契約の際の審査に通らずに、契約ができないといったことも発生する可能性があります。
信用情報に傷がつくと、様々なところで生活に支障をきたしますので、なるべく早めに信用情報を回復させる必要があります。

以上「キャッシングの返済忘れは、ローン審査にどれくらい影響するか?」「遅延による利子はどのくらいになるか?」ということをまとめました。
返済忘れをしないのが一番ですが、仮にしてしまった場合、これらを参考になさってください。

銀行カードローンを題材とした記事ですが、信用情報を回復させたい方は下記記事も参考にしてください

おすすめカードローン

楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローン

  • 最短即日融資
  • 土日振込可能
  • アルバイト※
  • 電話確認なし
  • 主婦
  • 無利息期間
※安定した収入のある方。
お申し込み窓口はこちら
審査時間 最短で当日中
職場連絡 あり(少額の場合無しの場合あり)
専業主婦
土日の振込 楽天銀行の口座なら24時間対応
お申し込み窓口はこちら

SMBCモビット

SMBCモビット

  • 最短即日融資
  • 土日振込可能
  • アルバイト※
  • 電話確認なし
  • 主婦
  • 無利息期間
※安定した収入のある方。
お申し込み窓口はこちら
審査時間 10秒簡易審査
職場連絡 なし
主婦 安定した収入がある方
土日の振込 OK(ATMより可能)
お申し込み窓口はこちら

PAGE TOP