カードローンの仮審査と本審査の違いは何?

違い

カードローンの仮審査は、どのように申込者を審査しているか?

カードローンの仮審査の段階では、審査の内容は機械的に判断されます。自己申告で書かれた年収や他社借り入れなどの情報を基に審査が行われます。
具体的には、下記の項目が審査主要な審査項目となります。

年齢 対象年齢かどうか
収入 一定ライン以下は全て落ちる
他社借入が多い 年収の3分の1を超えていたら、落ちる
借入件数が多い 4件から自動的に落ちることが多い

…というもの。
仮審査の内容も消費者金融・銀行カードローンによって異なるので、どこでもこうとは限りません。
しかし、多くの消費者金融・銀行カードローンで、大体このような感じです。

カードローンの本審査は、どのような審査基準で見ているのか?

仮審査にない内容として、下のようなチェックをします。仮審査の内容を受けて、カードローンの本審査では下記のような内容が審査されます。

申請内容の真偽の確認 ウソがないかどうか
本人確認書類のチェック 人間の目で確認
在籍確認の電話 職場に実際に電話
信用情報のチェック 過去の借り入れや返済の履歴を確認

カードローンの本審査では、自己申告の情報以外にも、信用情報機関に登録されている信用情報が大きなカギを握ります。
信用情報には、他社での借り入れやクレジットカードを作成した際の本人確認書類の情報が保存されています。
また、年収や在籍期間などの具体的な情報も詳細に記録されています。

審査を通すために自己申告の際に嘘をついた場合、本審査の段階でほぼ嘘がバレます。軽微なうそであっても、
審査をする人が、信用に足る人物と認定されなければ、借り入れを行うことができません。
見栄をはって年収を多めに書くなど嘘をつくことは絶対に避けましょう。バレますから。

本審査は、人間が審査の作業を行います。カードローンの種類によっては、自動契約機で審査員の方とビデオ通話をしながら
審査を行うケースがあります。これは、信用情報など重要な情報を使い、個別に審査を行う必要があるため、最終的には人の判断で審査が行われます。


といったように「人間でなければできない審査」「慎重に情報を扱う審査」をするのが「本審査」です。

仮審査で通っても、カードローンの本審査で落ちる理由・原因

「ウソをついていた」
「本人確認書類を偽造していた」

…というのは当然論外です。
そうでなく、「まじめに申し込んだのに、なぜか落ちた」という場合。
これは下のような原因が考えられます。

1.本審査の段階で行われる在籍確認がうまくできなかった

カードローンの本審査の際に行われる在籍確認作業ではたまにトラブルがあります。「誰も出なかった」だけなら、後でかけ直せばOK。
しかし「変な受け答えを同僚にされた」場合は、審査に落ちることがあります。

たとえば「佐藤さん、お見えですか?」と業者が質問し、同僚が「いや、そんな人はいません」「よくわかりません」などと答えたケース。

たとえば名前を聞き間違えたら「そんな人はいません」と答えることもあるでしょう。また、会社が大きく、あなたの名前を知らない人が電話に出たら「わかりません」となることも、当然あります。

場合によっては、不審な電話だと思い、個人情報を守るためにわざとウソをついてくれた…ということもあるでしょう。
何にせよ、これらの理由で在籍確認がうまくいかないと、本審査で落ちることがあります。

2.カードローンの本審査で、信用情報に問題があることが判明した

今の年収などは問題なくても、過去に返済トラブルを起こしていた場合。
この「信用情報」が原因で、落ちることがあります。

たとえばカードローンの審査でも、過去のクレジットカードの強制解約などは影響します。
ジャンルは違っても、信用情報として共有されているからです。

どのくらいで履歴が消えるかは内容によります。
しかし、特に債務整理などの重大なものは5年~10年残るので、かなり尾を引きます。

「ああ、そういえば昔、強制退会があったわ」という場合は、そういう返済事故が原因でしょう。
しかし、そういう心当たりがない場合は、何が原因でしょうか。

強制退会などの信用情報にかかわる事故を引き起こした方は、信用を回復する努力をすることで再び借入を行うことができます。
信用を回復する方法については下記記事をご参考にしてください。

3.信用情報に間違った情報が載っていることがある

めったにないことですが、信用情報が間違っている…ということもあります。
その場合は「返済トラブルも起こしたことないし、その他の問題もないのに、なぜか本審査で落ちた」ということも。

この場合は、信用情報を管理する「個人信用情報機関」に修正を申請できます。
まず「開示請求」をして、情報を見せてもらいましょう。

そして間違いがあったらそれを指摘し「修正依頼」をします。
どのくらいで修正されるかは、内容や組織によります。

こうした信用情報の間違いは、キャッシングの審査だけでなく、住宅ローンや学資ローンなどの真面目なローンの審査にも影響します。
なので、間違いがありそうなら、早めに開示請求し、修正依頼をしましょう。

以上、カードローンの仮審査・本審査の内容について解説しました。
特に「仮審査で通ったのに、本審査で落ちた」という方は、原因を調べる参考にしていただけたらと思います。

おすすめカードローン

楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローン

  • 最短即日融資
  • 土日振込可能
  • アルバイト※
  • 電話確認なし
  • 主婦
  • 無利息期間
※安定した収入のある方。
お申し込み窓口はこちら
審査時間 最短で即日
職場連絡 あり(少額の場合無しの場合あり)
専業主婦 OK
土日の振込 楽天銀行の口座なら24時間対応
お申し込み窓口はこちら

PAGE TOP