おまとめローンの融資限度額はいくらまでなら審査通るの?

考える

消費者金融のおまとめローンの融資限度額・一覧

大手の消費者金融で「おまとめローン」という名前をはっきり使っているのは、プロミスアコムアイフルの3サービスのみ。
しかし、その他の大手も「限度額500万円」など金額が大きいので、おまとめローンとしても利用可能です。
(使い道も自由なので)

以下、おまとめローンを提供している大手消費者金融の一覧です。

プロミスおまとめローン500万円
アコム借換え専用ローン300万円
アイフルおまとめMAX300万円
アイフルかりかえMAX300万円

プロミスの金額が突出して大きいですが、アコムアイフルの300万円でも、大抵の方は十分でしょう。

(しかし、多重債務者の平均借り入れ金額は「約450万円」というデータもあるので、これでは足りない方も多いかも知れません)

銀行カードローンのおまとめ・融資限度額の一覧

銀行系カードローンで「おまとめローン」とはっきり書かれているのは、下のようなもの。
(大手の銀行はほとんど「おまとめローン」と明記したローンを出していません)

東京スター銀行 スターワンバンクローン(おまとめローン)1000万円
北洋銀行フリー&おまとめローン700万円
西日本シティ銀行NCBおまとめローン500万円
トマト銀行トマト・おまとめローン500万円
福島銀行フリーローン・おまとめ楽だ300万円

東京スター銀行の限度額の大きさは圧倒的です。
北洋銀行などは地方銀行ですが、それでも幅広く展開している西日本シティ銀行などを上回っています。

(ただ、地方銀行の審査は厳しそうですね)

おまとめローンとしても使える、銀行カードローン

以下の銀行カードローンは「おまとめローン専用」ではありません。
しかし「使い道自由」で金額も大きいので、おまとめローンにも使えます。

住信SBIネット銀行ネットローン プレミアムコース1000万円
オリックス銀行VIPフリーローン800万円
イオン銀行ネットフリーローン700万円
楽天銀行スーパーローン500万円

おまとめローンに「総量規制」は関係ないので、融資限度額が高い

おまとめローンに総量規制は関係ありません。
総量規制とは「年収の3分の1までしか借りられない」というルール。

「1社を残して、残りを全部返済する」となると、一時的に「限度を超えたお金」を借りる必要があります。
これは総量規制のルールを破ってしまうのですが、おまとめローンの場合は許可されているんですね。

おまとめローンのことを貸金業法ではどう書かれているか?

まず「書かれている場所」は下の通りです。↓
「貸金業法施行規則第10条の23第一項」

で、よく「顧客に一方的有利となる借り換え」と書かれていますが、実はこの一文は「意訳」です。
実際にはこの文言はどこにもないんですね。

この「10条の23第一項」は合計で「900文字」という長文。
その内容を一言でまとめると「顧客に一方的に有利となる借り換え」となるのです。

「第一項」はこれだけで終わっています。
その他の「医療費の場合」などの例外は「第二項、第三項…」というように、それぞれ別の項で、また長文が書かれているんですね。

このように、法律の文章というのは非常に面倒なのですが、何はともあれ、こういう法律によって、「おまとめローンは総量規制の対象外」と、はっきり認められているわけです。

おすすめおまとめローン

楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローン

  • 最短即日融資
  • 土日振込可能
  • アルバイト※
  • 電話確認なし
  • 主婦
  • 無利息期間
※安定した収入のある方。
お申し込み窓口はこちら
審査時間最短で当日中
職場連絡あり(少額の場合無しの場合あり)
専業主婦
土日の振込楽天銀行の口座なら24時間対応
お申し込み窓口はこちら

PAGE TOP