【2019年度12月版】深夜、夜中に申し込めるカードローンはどれ?

キャッシング審査のゆるさを比較

深夜に急にお金が必要なケースはあります。
例えば、深夜急に怪我をしてしまって病院で治療を受けたときの治療代、終電後にタクシーを使う、早朝に出張があり移動費が必要な時などです。
深夜に入り用になることは、急に訪れることもあり、どうにかお金を工面できないか考えるものでしょう。
手軽にお金を作る方法というと、カードローンです。
カードローンは、深夜に契約して借入ができるのでしょうか?

カードローンを「申込みできる」ことと「借りることができる」のは別の話

カードローンは、申込みを行った後に契約して、はじめてお金を借りられます。
つまりは、カードローンに申込みできること、そしてカードローンで借りられることは別です。
申込みしても、契約しないと借入できません。
新規にカードローンに申込みして、深夜にお金を借りるとなれば、深夜まで契約を終える必要があります。

「申込」から「借り入れ」までの流れのおさらい

カードローン会社により多少違いはありますが、申込みから借り入れまでの流れは以下の通りです。

  1. 書類、電話、FAX、店頭、自動契約機、インターネットのどれかで申込み
  2. メールまたは電話で契約意志の確認
  3. 申込み内容に基づき審査
  4. 審査結果の連絡
  5. 郵送、店頭、自動契約機、インターネットのどれかで契約
  6. ローンカードまたは振込での借り入れ

申込みは郵送だと時間がかかり、それ以外の方法だとすぐ完了です。
カードでの借り入れは、自宅宛にローンカードが送付されて、カードが手元に届くとATMでの借りられるために、郵送に数日かかります。
カードローン会社によっては、契約後振込融資を行っており、振込だと契約してすぐお金を借りられます。

深夜に申し込んでも審査が終わらないと借りられない。

仮に、深夜にカードローンに申込みしたとしても、審査を終えないと契約に進めません。
審査時間は、最短で数十分というカードローン会社もありますが、深夜に審査している会社はないです。
カードローン会社の審査時間は、朝9時~夜22時という場合が多く、夜21時以降は審査していません。

夜22時から夜0時までに申込みして、日付が変わる前にカードローンの審査を終えることはできません。
しかし、夜0時過ぎに申込みして、その日に契約を終えて、お金を借りることは可能です。
この場合では、朝一に申込みしたことと同じであり、即日融資に対応しているカードローンなら、その日にお金を借りられます。

申し込みなら、自動契約機とネットどっちが良い?

利便性の良い申込み方法というと、自動契約機とインターネットがあります。
インターネットは24時間申込みできますが、自動契約機の営業時間は以下のように決まっています。

カードローン会社行自動契約機名称自動契約機の営業時間
プロミス自動契約機9:00~22:00(土・日・祝日も可)
アコムむじんくん8:00~22:00(土・日・祝日も可)
SMBCモビットローン申込機8:00~21:00(土・日・祝日も可)
アイフル契約ルームてまいらず8:00~22:00(土・日・祝日も可)

※店舗により、一部営業時間が違います。

自動契約機とネットのメリット・デメリット

・インターネット

メリット24時間いつでも申し込める
来店不要で契約できる
振込融資を受けられる
デメリットローンカードを使うなら、自宅に届くまで待たないとならない
審査進行状況はインターネット上ではわからない

・自動契約機

メリット申込みから契約、ローンカード受取までできる
審査進行状況がリアルタイムでわかる
契約後はATMですぐ借り入れできる
デメリット自動契約機まで足を運ばないといけない
営業時間が決まっている

即日融資はどちらでも可能

即日融資を希望する場合は、自動契約機でもインターネットでも、どちらから申し込んでも可能です。
審査がその日に終わるカードローンであれば、どちらで申し込んでも即日融資を受けられます。

インターネットで申込みして、振込融資を希望するなら、銀行の営業時間内で、自分の口座に送金できる時間まで、契約を終えないとなりません。
自動契約機で、ローンカードを受け取って、その後ATMでカードを使い借り入れするなら、営業終了ぎりぎりに申し込むと、審査が営業時間内に行えません。
遅くても1時間か2時間前に、自動契約機で申込みをしないと、その日にローンカードは発行できません。

審査内容に違いはあるの?

インターネットと自動契約機では、どちらから申し込んでも、審査内容や審査基準に違いはありません。
カードローンの審査は、年収や勤務先、雇用形態、他社借り入れ件数などを見るので、どこから申し込んでも一緒です。
審査時間も、混雑具合で長引くこともあり、どちらが短いとは言えません。
ただし、自動契約機が家から遠いとなれば、出向く時間を考えると、インターネットで申し込む方が、早く審査は終わるかもしれません。

申込みをするなら、インターネットと自動契約機のどちらが良いかと言うと、一概には判断できません。
申込者のニーズが、インターネットと自動契約機のどちらに近いかで、選ぶ方法が決まるでしょう。
いくつか申込みのパターンを、以下にまとめます。

家で契約から借り入れまで終えたい

インターネットを使い、Web完結で申込み、振込融資を受けます。

急いでお金を借りたい

インターネットで申込みして、その後自動契約機に向かい、ローンカードを受け取り、ATMでお金を借ります。

相談しながら契約して融資を受けたい

無人契約機で、申込みから契約まで行い、ローンカードを受け取ります。

銀行カードローンと消費者金融のカードローン、どっちが早く借りれる?

カードローンは、申込みから契約までの中で、審査に時間を使います。
このために、審査時間の短いカードローンほど、早くお金を借りられます。
審査時間は、銀行と消費者金融では違い、消費者金融は最短で30分、銀行は最短で2営業日の時間を要します。

銀行カードローンの借り入れまでの時間

銀行カードローンは、以前は即日融資に対応していました。
しかし、2018年1月より、即日融資はできなくなり、審査内容を一部変更しました。
申込者が、反社会性力の人間でないか確認するために、審査では警察庁のデータベース照会を行います。
照会結果は、どんなに早くても翌営業日です。
このために、銀行カードローンは、最短で申込みから翌営業日に借り入れ可能です。

また、一部銀行は、カードローン利用に口座開設を必要とします。
口座を持っていない方は、先に口座開設の手続きを行うので、カードローンでの借り入れまで余計に時間がかかります。

消費者金融のカードローンの借り入れまでの時間

消費者金融のカードローンは、営業時間内であれば、最短で30分で審査が完了します。
スコアリングによって、審査をスムーズに行えるために、30分と言う短い時間で済むのです。
このために、早いと申込みから契約まで1時間程度で終わります。
即日融資を受けたいというなら、消費者金融のカードローンです。

申し込みだけでOKなら銀行カードローンはお得

銀行カードローンは、即日融資には対応していませんが、低金利で高額融資をする銀行が多いです。
申込みには口座開設不要という銀行も多く、カードローン利用の予定はないけど、とりあえず申込みだけすることもできます。
契約後は必ず借り入れしないといけないという決まりはなく、万が一に備えてローンカードを保有するのも可能です。
万が一のときは、カードローンを契約済みなら、深夜でも早朝でも、借り入れできます。

楽天銀行
金利1.9%~14.5%
借入限度額最大800万円

パソコンやスマートフォンで申込みでき、楽天会員の方は楽天IDを使うと入力項目を減らせるので楽です。
楽天銀行の口座を持っていなくても利用でき、契約後はすぐに振込融資を受けられます。
パートやアルバイトの方でも、安定した収入があれば申込みできます。

バンクイック
金利1.8%~14.6%
借入限度額最大500万円

三菱UFJ銀行の口座を持っていない方でも申し込めます。
また、口座を持っている方なら、契約後に口座への振込融資を受けられます。
申込みから契約まで、来店不要のWeb完結が使えるので、手間がかからず楽です。

借り入れまでの速さを求めるなら、消費者金融カードローン一択

銀行カードローンと消費者金融カードローンは、以下のように、申込みから借り入れまでの時間が違います。

カードローン名審査時間借り入れまでの時間
楽天銀行スーパーローン最短2営業日最短翌営業日
三井住友銀行カードローン最短2営業日最短翌営業日
三菱UFJ銀行カードローン最短2営業日最短翌営業日
アイフル最短30分最短1時間
アコム最短30分最短1時間
プロミス最短30分最短1時間

銀行カードローンは、審査時間は最短2営業日であり、借り入れまでの時間は最短翌営業日です。
金曜日や土曜日に申込みすると、休日を挟むので、借り入れまでの時間はさらに伸びます。
また、銀行によっては審査完了まで1週間以上要するところもあり、すぐにお金は借りられません。

消費者金融のカードローンは、審査時間は最短で30分です。
契約や融資の手続きの時間を考えると、借り入れまでは最短で1時間ぐらいです。
このために、申込みして、その日に融資を受けられます。

申し込みだけなら、ネット経由で殆どのカードローンが24時間申し込める

ほとんどのカードローンは、自社のサイトを持っており、申込みだけするなら、サイトからインターネットを経由して行えます。
パソコンでカードローン会社のサイトにアクセスして申し込めるのはもちろん、最近はスマートフォン用のカードローン会社のサイトもあるので、スマートフォンでも申し込めます。

カードローンの申込みを行い、審査を受けるには、最低でも本人確認書類が必要です。
運転免許証やパスポートなどが本人確認書類として使用でき、これらは画像にしてサイトからアップロードして提出できます。
このために、来店せずとも、申込みをして審査を受けられます。

夜中申し込んで借りれる消費者金融カードローンとは

銀行の営業時間は、15時までなので、夜中カードローンに申し込んでも、審査は行われず借り入れもできません。
消費者金融のカードローンならば、夜の21時や22時まで営業しており、自動契約機が開いているので、申込みして契約が可能です。
さすがに、深夜0時近くに申込みして借り入れはできませんが、20時や21時に申込みしたなら契約まで行えるかもしれません。

カードローンの受付時間と審査開始が早いところを選ぶべし

夜中にカードローンに申込みして、契約を行い、借り入れまでするとなれば、審査時間の短い場所を選んでください。
夜中は営業終了時間に近いので、審査が遅いと審査結果の回答は翌日となり、その日に借り入れできません。

審査時間が短いのは、消費者金融のカードローンです。
最短30分で審査を終える場所もあり、自動契約機だと最短30分で契約できたという話もあります。

夜中にカードローンの契約を行うなら、在籍確認を忘れてはなりません。
カードローンの審査は、誰が申し込んでも必ず行われ、その中で在籍確認をします。
夜中でも在籍確認を終えないと、審査は進まず、契約まで行えません。
在籍確認を終えるには、カードローン申込み後に会社に出向き、申込者本人が電話を受けるか、他の社員に本日は退社したと電話対応してもらうことです。
ただし、一部消費者金融のカードローンは、在籍確認を後回しにして契約できます。
この場合は、数万円という少額での契約となり、在籍確認後に残りの希望額の契約です。

夜中にカードローンの契約を行い借り入れするなら、勤務先でインターネットから申込みして在籍確認の電話を受け取り、その後自動契約機に向かい契約して、ローンカードを受け取るという流れが良いでしょう。

アイフル

金利3.0%~18.0%
借入限度額最大800万円
審査時間最短30分
融資までの時間最短1時間

審査時間は、最短30分です。
お急ぎ専用のフリーダイアルがあるので、申込み後に電話して、急いでいると伝えると、早く審査を進めてくれます。
インターネットからの申込みは24時間、自動契約機の営業時間は8:00~22:00です。
一部の自動契約機は、23:00まで営業しています。

アコム

金利3.0%~18.0%
借入限度額最大800万円
審査時間最短30分
融資までの時間最短1時間

こちらも最短30分で審査が終わり、融資までは最短1時間です。
インターネットからの申込みは24時間、自動契約機の営業時間は8:00~22:00です。
土日祝日や夜中で、会社に誰もおらず在籍確認できないとなれば、アコムの担当者に相談してください。
場合によっては、在籍確認を後回しにしてくれます。
在籍確認なしでの融資は、10万円以内であり、在籍確認後に残りの契約額を借りられます。

遅くにカードローンを借りるためには審査で引っかからないように準備が大切

夜中も営業しているカードローンを探し、スムーズに申込みできたとしても、審査で引っかかると、契約まで進めません。
審査の中では、在籍確認を滞りなく行うのはもちろん、必要書類を事前に揃えて、書類不備がないようにします。

必要書類を用意しよう

カードローンの在籍確認では、誰が申し込んでも本人確認書類の提出は求められます。
また、一定額以上の借入希望額だと、収入証明書も必要です。

・本人確認書類
運転免許証
パスポート
マイナンバーカード
写真付き保険証

・収入証明書
確定申告書
納税証明書
給与明細書

それぞれにおいて、どれか1つの書類を用意して提出します。
審査段階で、必要書類が揃っていないと、一端審査停止となり、書類が用意できるまで審査は進みません。
当然、その日に契約して借り入れすることは無理です。
カードローンに申し込む前には、必要となる書類を用意してください。
特に、収入証明書はすぐ用意できないこともあるので、注意です。

申し込み内容の確認

カードローンに申し込む前には、自分の信用状況を確認してください。
信用の低い方は、申し込んでも審査落ちとなるので、お金を借りられません。

  1. 収入が年金のみ
  2. 他社のカードローンで返済遅延を起こしている
  3. クレジットカードで返済が遅れている
  4. 他社借り入れが多い

このような信用状況が低い人は、審査に時間がかかります。
また、無職や債務整理をしたばかりの人は、カードローンに申し込んでも審査落ちします。
自分が審査に通る状況かどうか確かめてから、申し込んでください。

まとめ

カードローンは、夜中であれば、申込みから契約まで行い、お金を借りることも可能です。
夜中の契約は、スムーズな審査が鍵となるので、今回ご紹介したことを参考にしてください。
契約後に振込融資を受けられなくても、自動契約機でローンカードを受け取れば、ATMで借り入れできます。

人気の【厳選】カードローン

楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローン

  • 最短即日融資
  • 土日振込可能
  • アルバイト※
  • 電話確認なし
  • 主婦
  • 無利息期間
※安定した収入のある方。
お申し込み窓口はこちら
審査時間最短で当日中
職場連絡あり(少額の場合無しの場合あり)
専業主婦
土日の振込楽天銀行の口座なら24時間対応
お申し込み窓口はこちら

プロミス

プロミス

  • 最短即日融資
  • 土日振込可能
  • アルバイト※
  • 電話確認なし※2
  • 主婦
  • 無利息期間※3
※安定した収入のある方。
※2電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐにご相談ください
※3メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です
お申し込み窓口はこちら
審査時間最短30分で審査完了!
職場連絡なし(web契約の場合)
※電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐにご相談ください
専業主婦NG(パートなど収入が必要です)
土日の振込提携ATMで土日祝日振込みOK
お申し込み窓口はこちら

アイフル

アイフル

  • 最短即日融資
  • 土日振込可能
  • アルバイト※
  • 電話確認なし
  • 主婦
  • 無利息期間
※安定した収入のある方。
審査時間最短30分
職場連絡あり
専業主婦不可
土日の振込不可

PAGE TOP