クレジットカードのメリットを学んで、お金が貯まる人になろう


情報収集

クレジットカードの情報収集を徹底的にして、得をしよう

カードローンの情報収集は、万人がすべきものではありません。
もちろん、いざ借りることになったらすべきですが、理想を言うなら「借りる必要がない」ということ。

これに対して、クレジットカードの情報収集だけは、すべての人がすべきもの
現代では、クレジットカードを駆使した方が、時間的にも金銭的にも明らかにメリットが大きいからです。

クレジットカードの情報収集を徹底すると、どんなメリットがあるかを説明します。

クレジットカードのメリットは、まずマイル・ポイントが貯まる

クレジットカードはマイルやポイントが貯まりますが、貯まりやすいカードと、貯まりにくいカードがあります。
貯まりやすいものだと、「利用額の3%」が戻ってきます。

つまり、年間100万円使ったら、3万円戻ってくるということ。
年間生活費が400万の家庭なら「年間12万円」のメリットがある…ということですね。

これを多いと感じるか少ないと感じるか…。
これもお金が貯まる人と、貯まらない人の境目です。

この12万円は「何もしなくても」手に入ったお金なのですから、いわば不労所得。
これに対して、年間の生活費400万を、普通の現金などで支払っていたら、何も手に入らないのです。

また、上では「利用額の3%」が戻ってくると書きましたが、これは還元率の高いもの。
普通は「2%」が基本なので、「還元率の高いクレカ、低いクレカ」で、1.5倍の差がつくということです。

こうしたクレジットカードの情報を集め、できるだけ得するカードを選ぶ。
そこに税金や公共料金の支払いも含めて、できるだけすべての支払いを集中させる…ということで、大幅にポイントやマイルが貯まるのです。

クレジットカードを使うことで『クレジットヒストリー』が良くなる

多くの人が「クレジットヒストリー」を軽視しています。
これは「その人の、支払いに関する履歴」のこと。

「カードローン、クレジットカード、住宅ローン」などの支払いはもちろんのこと「携帯料金の支払い」などの情報も、すべて含まれています。
こうしたすべての料金を「遅れずに支払っている」「たくさん支払っている」ほど、クレジットヒストリーが良くなるわけですね。

クレジットヒストリーがいいほど、住宅ローンを組む時など、審査に通りやすくなります。
カードローンなどは「どうでもいい」と思う方も多いでしょうが、住宅ローンや事業用のローンなど「まじめなローン」なら、審査に通りやすい方がいいはずです。

で、このクレジットヒストリーの存在を知らず、無自覚なままにこれを悪化させてしまっている人が多いんですね。

クレジットカードのリボ払いは絶対に避けよう

リボ払いとは、一か月の返済額を決めて、定期的に支払っていくお支払方法です。
リボ払いをすると、利息が雪だるま式に増えていきます。なぜなら、下記のような理由があるからです。

  1. 支払いが長期になる(先延ばしにする)
  2. 借金の意識が薄くなる(月々の返済の負担が少ないので)
  3. もともとの金利が高い

リボ払いを避ける最大の理由は、「月々の返済金額が少ない」ことです。
支払額が少ないため、返済残高がなかなか減らず、利息だけがたまっていき、最終的な利息が莫大な額になります。
一か月の支払金額が少ないため、全体の借入金額を気にすることがなくなり、危機感がなくなります。

リボ払いに関してより詳しい記事は下記をご参照ください。

『クレジットヒストリースコアの悪化』私の体験談

私は過去にJCBのクレジットカードを2枚発行しました。
1枚は、「発行するとクオカードがもらえる」というのを目当てに発行しただけで、使うつもりはありませんでした。

で、その1枚は放置していて、存在自体忘れていたのですが、ある日ハガキが来ました。

「お客様は、当カードを発行してからずっと利用されていません。○○月までに利用がなければ、カードを強制解約とさせていただきます」

…という内容でした。
で、別に使っていないし、同じJCBで別のカードを使っているので、仮に復活させても、使えるショッピング枠が増えるわけではありません。

そして放置してそのまま強制解約になったのですが、これは実はクレジットスコアを、ものすごく悪化させるのです。
「クレジットカードの強制解約」というのは、ブラックリスト入りする代表的なもの。

このせいで、私は今後クレジットカードや住宅ローンなどの審査に、かなり通りづらくなるんですね。
上に書いたような「ポイントが貯まりやすいカード」に変えようと思っても、その審査に通らないのです。

「返済できなくて強制解約になった」わけではないので、さほど重いブラックリストではありません。
しかし、クレジットスコアは相当悪化したでしょう。

お金の情報収集をしていない人は、こういうことを無自覚にやってしまうので、そこでも損をしています。
このように、お金が貯まらない人の共通点は「とにかく、お金の勉強をしない」ことなのです。

(余談ですが、私はもう一枚、返済不能になってクレカを強制解約になった過去があります。これもやはり無知から来たものでした)